【クラシックカー旧車価格相場】フィアットアバルト 850 TC(Abarth 850 TC)

フィアットアバルト 850 TCのモデル概要

チューニングがメインだったアバルト社が、自動車メーカーとして広く知られるようになったのは、1961年にフィアットアバルト850TCを発売してからでした。創業者カルロ・アバルトは、1955年にフィアット社から『FIAT 600』がデビューすると、そのポテンシャルをすぐに見抜き、FIAT 600をベースとした高性能版のフィアットアバルト750デリヴァツィオーネを製作します。排気量はベースとなった『FIAT 600』の633ccを747ccまで拡大させ、鍛造製クランクシャフトを始めとする吸気と排気系の高度なチューニングを行うことにより、最高出力はノーマルの18HPから2倍以上となる40HPにまで高められました。

もともと様々なレースで活躍していたアバルト社はツーリングカーカテゴリーにこのフィアットアバルト750デリヴァツィオーネで参戦します。そしてしばらくすると、より戦闘力を高めたモデルが必要となり、さらに市販車にもよりパワーアップを求める声が高まってきたことから、フィアットアバルト750デリヴァツィオーネは次世代モデルに移行します。それが1961年に発売されたフィアットアバルト850TCでした。

車名のTCは『Turismo Competizione/トゥーリズモ・コンペティツィオーネ』を意味します。フィアットアバルト850TCはフィアットアバルト750デリヴァツィオーネと同様に『FIAT 600』をベースに各部をアバルトの技術を駆使し、当時最高の性能まで高められていました。排気量は847ccへ拡大させると共に専用の鍛造クランクシャフト、コンロッド、ピストン、バルブを採用し、圧縮比は9.2:1まで高めています。さらに大径のソレックス32PBICキャブレターやマルミッタ・アバルト(エグゾースト・システム)を採用するなど多岐に渡るチューニングが施され、52HP/5800rpmの最高出力と最高速度140km/hを記録しました。また、大幅に向上した動力性能に対応して足回りも強化され、当時のツーリングカーでは珍しいガーリング製のディスク・ブレーキをフロントに備えています。

内装は、タコメーターを中央に配したイエガー製の3連メーターや3スポークのレーシーなステアリングが採用されアバルトらしさを演出しています。また、リアスカート下からは放熱性を高めたフィンが刻まれたオイルパンが覗き、アバルトTC系のお決まりのエンジンフードを浮かせて固定させるという演出がフィアットアバルト850TCでも施されています。

こうして誕生したフィアットアバルト850TCは高性能サルーンの代名詞となり、好評なセールスを記録しました。レースでも目覚ましい活躍を見せ、特に1961年9月のニュルブルクリンク500kmレースでは、『FAIT ABARTH 1000ビアルベーロ』が総合優勝を勝ち取ると共にフィアットアバルト850TCはツーリングカー850ccクラスで1〜3位を独占し、総合成績でも上位に入る活躍を見せています。

フィアットアバルト 850 TCの価格相場

フィアットアバルト850TCの価格は着実に上昇しており、この10年間で2倍近くになっています。アバルトという熱狂的ファンが世界中に多数存在しているメーカーだけに価格は底堅いと考えられます。さらにそのチューニングのベースがこれまた自動車史に残る国民的人気を誇ったフィアット600ということで、今後も価格は着実に上昇していくことが予想されます。ちなみに現在は欧米相場で$10,500-52,500で取り引きされています。

フィアットアバルトの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2018年11月時点

コンディション1(Concours) $52,500
コンディション2(Exellent) $28,600
コンディション3(Good) $18,100
コンディション4(Fair) $10,500

フィアットアバルト 850 TCの詳細スペック

《販売期間》1960-1966年
《乗車定員》4名
《ボディスタイル》2ドアハッチバック
《エンジンタイプ》水冷4気筒OHV 847cc
《最高出力》52hp/5,800r.p.m
《最大トルク》-kgm/-r.p.m
《ミッション》4速MT
《全長×全幅×全高(mm)》3,285×1,380×1,405
《車両重量(kg)》610
《生産台数》 -台

▶ フィアットアバルトの在庫車をチェック

愛車の乗り換えは、”手間なく”、”リスクなく”中古車の個人間売買が出来る『Ancar』




カーライフサイクルを豊かにするサービスを提供するCar Techカンパニー株式会社Ancarが運営する新しい中古車の個人間売買プラットフォーム『Ancar(アンカー)

愛車に乗りながら販売でき、中間手数料も極限まで削減した新しい中古車の個人売買プラットフォームです。
Ancar(アンカー)でクルマを売る場合、費用は売買が成立した時に発生する約5%程度のシステム利用料だけ。さらに購入前の無料点検、面倒な名義変更、決済などを”Ancar”が代行してくれるので、個人売買の不安も解消出来る魅力的なサービスです。また、個人売買で成立しなくても買取業者へそのまま売却する事も出来るのでリスクなく高額売却が可能です。

おまかせ出品とは、
クルマを預けるだけで事前お渡し金額(買取店と同水準以上)に+高く売れた金額を追加で受け取れるサービスです。査定・事前お渡し金をアンカーが提示し、クルマを預け、その分を先に現金で受け取ります。そしてアンカーが撮影・掲載・点検・問合せ対応を行い、個人売買で高く売れた分を出品者に還元する仕組みです。(出典:Ancarホームページ)▶︎ 他店の見積もり金額、保証します!【Ancarおまかせ出品】

ディーラーでの下取金額に不満がある方、過去の売却で失敗経験がある方、新しいサービスで高額売却を狙いたい方に特におすすめします。


▶︎ Ancarでの個人売買でも利用できる! 個人売買に特化したオートローン【ユーカーネクスト】

関連記事

  1. 【クラシックカー旧車価格相場】ロータス エラン(Lotus Elan)

  2. 【クラシックカー旧車価格相場】フェラーリ 308(Ferrari 308)

  3. 【クラシックカー旧車価格相場】ジャガー Eタイプ シリーズⅠ(Jaguar E type SeriesⅠ)

  4. 【クラシックカー旧車価格相場】ランボルギーニ ミウラ(Lamborghini Miura)

  5. 【クラシックカー旧車価格相場】フェラーリ 365GT/4BB(Ferrari 365GT/4BB)

  6. 【クラシックカー旧車価格相場】メルセデスベンツ230SL(Mercedes-Benz 230SL)

  1. 【クラシックカー旧車価格相場】メッサーシュミット KR200(Messers…

    2020.07.10

  2. 【クラシックカー旧車価格相場】フェラーリ 308(Ferrari 308)

    2020.07.08

  3. 中古車個人売買でも使えるオートローンがあった!Web申請も可能なオ…

    2020.07.03

  4. 【クラシックカー旧車価格相場】オースティン ミニモーク(Austin M…

    2020.06.30

  5. 【クラシックカー旧車価格相場】BMW M6/M635CSi(E24)

    2020.06.25

  6. 【クラシックカー旧車価格相場】アウディ クワトロ(Audi Ur-Quattr…

    2020.06.24

  7. 知ってる人だけ得をする。あなたが中古車売買で100万円以上損をする…

    2020.06.19

  8. 【クラシックカー旧車価格相場】アルファロメオ ジュリエッタ SZ(A…

    2020.05.28

  9. 【クラシックカー旧車価格相場】アルファロメオ TZ(AlfaRomeo TZ)

    2020.05.22

  10. 【クラシックカー旧車価格相場】BMW M5/M535i(E28)

    2020.05.21

  1. クラシックカー投資のススメ

    2017.12.03

  2. 【クラシックカー旧車価格相場】MG TC(エムジー ティーシー)

    2017.08.03

  3. 【クラシックカー旧車価格相場】ジャガーXK120(Jaguar XK120)

    2017.07.27

  4. 【クラシックカー旧車価格相場】メルセデスベンツ280SE3.5(Mercede…

    2017.07.11

  5. 知られざるクラシックカーオークションの世界

    2017.07.08

  6. クラシックカーの価格はどのように決まるのか

    2017.04.14

  7. クラシックカー・旧車の定義

    2017.04.02

  8. 【クラシックカー旧車価格相場】メルセデスベンツ190SL(Mercedes-B…

    2017.01.26

  1. 高級車と高級時計の夢の合作!コラボレーションウォッチの世界

    2017.07.15

  2. 特集!! クラシックメルセデスベンツの世界

    2017.10.30

  3. 【クラシックカー旧車価格相場】ポルシェ356A(Porsche 356A)

    2017.01.29

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。