アルファロメオSZ/RZザガートのモデル概要

1989年のジュネーブモーターショーにおいてアルファロメオからプロトタイプ「アルファロメオ ES-30」が発表されます。この車の限定1000台の量産モデルが同年にデビューするアルファロメオS.Z.ザガートです。モデル名のS.Z.とはSprint Zagato(スプリント ザガート)を意味し、フロントに角目6灯を配した威風堂々とした面構えをもち、強烈なインパクトとパワーによってイル モストロ(Il Mostro=怪物)と呼ばれました。

開発段階でアルファロメオES-30と呼ばれていたS.Z.ザガートは、フィアット傘下に入ったアルファロメオを活性化させることを目的として開発されたモデルで、多くの部分にフィアットの意向が反映されています。

外観は1960年代のジュリエッタSZの美しい流麗なフォルムとは一転して”IL MOSTRO(怪物)”と呼ばれるほどの個性的でアクの強いものとなっています。これはフィアットとアルファロメオでそれぞれの案を同時にデザインプロジェクトを進行させていった末に、最終的にアルファロメオ案の一部とザガートの修正を加えて確定したデザインでした。

ボディは往年のザガートモデルに使われたアルミ製ではなくスティールボディにFRPカウルを装着したもので、車重は1260kgにおさえられています。フロアパンとパワートレーンはアルファロメオ75のものを流用しており、アルファロメオアルフェッタ以降変わらない2510mmのホイールベース、ミッションがリアに置かれるトランスアクスルレイアウトを持っています。このレイアウトにより、前後の重量配分は56:44と理想的な数値を示しています。

エンジンはアルファロメオ75の3.0リッターV型6気筒SOHCが縦置きに搭載され、その上で圧縮比を9.5:1から10.0:1に変更し、カム・プロファイルや供給データなども改める事によって、最高出力は210HP/6,200r.p.mを発揮します。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン+コイル、リアがド・ディオン+ワッツリンク+コイルという形式を採用し、さらにロードクリアランスを確保する為にボディを4cm上昇させる車高調整機能も備わっています。

R.Z.ザガートの内装はベージュを基調としたレザーが多用されるラグジュアリーな造りとなっていますが、ダッシュボードはカーボンファイバー製で、その中にはベリエ製のメーター類が並んでいます。シートは前席のみでリアシートのある部分は小さな荷置きスペースとなっています。トランク部分はスペアタイヤで埋まっており、荷物を入れるスペースはほとんどありません。

一方、1992年になるとアルファロメオS.Z.ザガートのオープンモデルであるアルファロメオR.Z.ザガートが予定台数350台で発売されました。ちなみにモデル名のR.Z.とはRoadstar Zagato(ロードスター ザガート)を意味します。基本的なメカニズムはアルファロメオS.Z.ザガートを踏襲していますが、ボディワークはオープン化に伴い各所変更が施されています。

まず、ルーフを取り去ったことによるボディ剛性の低下を補うためにボディ各部には補強が行われ、Aピラーとウィンドスクリーン上部はロールバーの役割を果たすように補強されました。補強による重量増加を防ぐために、外板のFRP素材はアルファロメオS.Z.ザガートよりも薄く変更されましたが、結局重量はアルファロメオS.Z.ザガートよりも120kg重い1380kgとなりました。また、前列シートの後方スペースにはソフトトップが収まり、その上はトノカバーで覆われています。内装はアルファロメオS.Z.ザガートのベージュを基調にしたコーディネートに対し、アルファロメオR.Z.ザガートではブラックで統一され、計器類は同じくベリエ製のホワイト・メーターが採用されています。


①アルファロメオSZザガートの価格相場

アルファロメオS.Z.ザガートはネオクラシックカーと呼ばれる年代に差し掛かっており、今後の価格上昇が期待できるモデルです。その為、現在は緩やかな相場上昇となっていますが、ザガートが施した限定1000台のスペシャルモデルという事で、いつ急激な値上がりが起きても不思議ではありません。現在$48,000-109,000の価格相場となっておりますので、手に入れたい方は早めに程度の良い個体を探しておくことをお勧めします。

アルファロメオS.Z./R.Z.ザガートの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2020年5月時点

コンディション1(Concours) $109,000
コンディション2(Exellent) $93,000
コンディション3(Good) $60,000
コンディション4(Fair) $48,000

▶ ガリバーで『アルファロメオ S.Z./R.Z.ザガート』の在庫車を問い合わせる

アルファロメオSZザガートの詳細スペック

《販売期間》 1989-1992年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷V型6気筒SOHC 2,959cc
《最高出力》 210ps/6,200r.p.m
《最大トルク》 25.0kgm/4,500r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,060×1,730×1,310
《車両重量(kg)》 1,260
《最高速度》 -km/h以上
《生産台数》 1,000台

②アルファロメオRZザガートの価格相場

アルファロメオS.Z.ザガートのオープンモデルであるR.Z.ザガートは、予定販売台数は350台のところ実際の生産販売台数は278台とも言われ、非常に珍しいモデルです。そのため市場に出回る事も少なく、クローズドボディのS.Z.ザガートよりも価格水準は高くなっています。ただし、直近3年においては若干価格は下がり、その後安定している状況です。しかしながらR.Z.ザガートは愛好家の間ではシリアルナンバーで個体が把握されているほどのモデルの為、今後価格の上昇は避けられないでしょう。

アルファロメオS.Z./R.Z.ザガートの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2020年5月時点

コンディション1(Concours) $136,000
コンディション2(Exellent) $116,000
コンディション3(Good) $75,000
コンディション4(Fair) $60,000

▶ ガリバーで『アルファロメオ S.Z./R.Z.ザガート』の在庫車を問い合わせる

アルファロメオRZザガートの詳細スペック

《販売期間》 1992-1993年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 ロードスター
《エンジンタイプ》 水冷V型6気筒SOHC 2,959cc
《最高出力》 210ps/6,200r.p.m
《最大トルク》 25.0kgm/4,500r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,060×1,730×1,300
《車両重量(kg)》 1,380
《最高速度》 -km/h以上
《生産台数》 350台




SBIホールディングス運営のインズウェブで自動車保険を一括見積もりで見直してみる>>



旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



RECOMMEND

TOP