フェラーリ 250GTOのモデル概要

フェラーリ250 GTOは、世界でも最も美しいスポーツカーとして多くの人々を魅了しているクラシックカーの象徴的なモデルです。また、これまで世に出てきた自動車の中で最も高額なモデルとして知られています。

1962年2月、イタリアのマラネロで発表されたフェラーリ250GTOは、バンパーはなく、サイドとリアウィンドはプラスチック製で、純然たるレーシングカーとして登場しました。

当時フェラーリ社は、世界スポーツカー選手権から国際マニュファクチャラーズ選手権と改名し、量産車のGTカークラスにチャンピオンシップがかけられるようになった国際レースにおいて、これを制するため、先代のフェラーリ250GTベルリネッタSWBの空力的弱点を改良したフェラーリ250GTO(グランツーリスモオモロガート)をレースに投入しました。このレースに参加するためには、「連続した12か月に100台以上生産」という条件をクリアする必要がありました。しかし、フェラーリ250GTOは39台しか販売されませんでした。そこでフェラーリ社は、フェラーリ250GTOだけの販売台数ではなく、フェラーリ250GT SWBもその派生モデルだと主張します。そして、その主張が認められ、フェラーリ250GT SWBの生産台数230台と合わせて、100台クリアするのでした。

フェラーリ250GTOは、ボディはスカリエッティ、開発はビッザリーニという豪華な布陣で行われました。
フェラーリ250 GT SWBと同型のフレームに3.0リットルのドライサンプ式V12気筒を搭載。そこにデュアルバレル6連キャブレターを装備し、7,500 rpmで300 hpというパワーを発揮します。そして5速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、最高速174mphを実現しました。
ちなみにフェラーリ250 GTOは基本的に左ハンドルで出荷されていますが、一部の英国のお客様用に8台だけ右ハンドル車が生産されています。

フェラーリ250GTOは、多くの国際レースで活躍し、レース界でも名声を欲しいままにしましたが、この頃、世界のレース界ではフロントエンジンのレーシングカーからミッドシップエンジンのレーシングカーへ時代が大きく変わろうとしていました。そしてこのフェラーリ250GTOは、最後のフロントエンジンのスポーツレーシングカーとして歴史に残っています。


①Ferrari 250GTO SeriesⅠの相場情報

クラシックカーの歴代最高価格記録を持つフェラーリ250GTOは、2014年を頂点に取引価格がうなぎ登りで上昇しました。その後は緩やかに価格は落ち着きを見せていますが、それでも歴代最高価格を持つモデルとして天文学的な価格を保っています。現在の価格相場は$48,000,000-60,000,000となっています。生産台数は非常に少ないモデルですが、全て現存しており、世界的なクラシックカーレースに登場したり、クラシックカーオークションにも出品されたりと、露出は多いモデルです。

《HAGERTY情報》 2018年6月時点

コンディション1(Concours) $60,000,000
コンディション2(Exellent) $57,100,000
コンディション3(Good) $52,000,000
コンディション4(Fair) $48,000,000

▶ ガリバーで『フェラーリ 250GTO』の在庫車を問い合わせる

フェラーリ 250GTO seriesⅠの詳細スペック

《販売期間》 1962-1963年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷V型12気筒SOHC 2,953cc
《最高出力》 300hp/7,700r.p.m
《最大トルク》 35.0kgm/5,500r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,400×1,675×1,245
《車両重量(kg)》 1,100
《最高速度》 251km/h以上
《生産台数》 36台

②Ferrari 250GTO SeriesⅡの相場情報

1964年に3台だけ生産されたフェラーリ250GTO シリーズⅡですが、シリーズⅠに比べて価格相場は若干下がります。それでも、現状の価格相場は$36,000,000-49,500,000となっています。価格相場の動きはシリーズⅠと同様に2014年をピークに上昇し、現在は落ち着いています。

《HAGERTY情報》 2018年6月時点

コンディション1(Concours) $49,500,000
コンディション2(Exellent) $45,000,000
コンディション3(Good) $40,000,000
コンディション4(Fair) $36,000,000

▶ ガリバーで『フェラーリ 250GTO』の在庫車を問い合わせる

フェラーリ 250GTO seriesⅡの詳細スペック

《販売期間》 1964年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷V型12気筒SOHC 2,953cc
《最高出力》 300hp/7,700r.p.m
《最大トルク》 35.0kgm/5,500r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,400×1,675×1,245
《車両重量(kg)》 1,100
《最高速度》 251km/h以上
《生産台数》 3台



SBIホールディングス運営のインズウェブで自動車保険を一括見積もりで見直してみる>>

旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



RECOMMEND

TOP