フェラーリ 308シリーズのモデル概要

フェラーリの名を持たないフェラーリとして有名なディーノ246GT/GTSは、V8エンジンのフェラーリという概念と共にフェラーリのクルマをより広い層に広める事に貢献しました。


そんな名車の後継モデルであるディーノ308GT4が1973年のパリ・サロンで発表されます。先代モデルとは異なる4人乗りとなったボディに3.0リッターV型8気筒DOHCユニットを配置されたディーノ308GT4は、フェラーリの量産モデルとしては珍しく、ピニンファリーナではなくベルトーネがデザインを担当したもので、全体におとなしいイメージになっていました。一方、4人乗りのディーノ308GT4は、実用面では便利な存在ではありましたが、フェラーリの顧客はその地味なスタイルや走りに関して満足しておらず、この新しいV8ユニットを搭載する2シーターモデルの発売を要望していたのです。

そこでフェラーリ社は、1975年のパリ・サロンでディーノ308GT4と同じ新型3.0リッターV型8気筒DOHCユニットをドライサンプ化した2シーターモデル”フェラーリ308GTB”を発表します。フェラーリ308GTBのボディデザインは、ベルトーネではなく再びピニンファリーナが担当した事で4シーターのディーノ308GT4とは全く異なる雰囲気となりました。のちに変更となりますが、初期型のボディはディーノ308GT4で採用されていた鉄製ボディではなくFRP製ボディとなっていたのも特徴的です。またフェラーリ308GTBは、V8フェラーリでありながらディーノの名前ではなく、フェラーリの名前で発表された初めてのV8エンジンを搭載したフェラーリとなりました。「12気筒以外はフェラーリではない」と発言していた創業者エンツォ・フェラーリの考えはここに来て撤回されてしまうのでした。

販売面でフェラーリ308GTBは、ディーノ246と同じように身近でありながら、フェラーリの名を持つフェラーリとして大変好評を博しました。フェラーリにとって大きなマーケットであるアメリカにも輸出されましたが、US仕様ではV8ユニットはウェットサンプ化されて販売されています。
1977年にフェラーリ社は、アメリカ市場を意識してデタッチャブルルーフ方式によるオープン化を可能にした”フェラーリ308GTS”を発売します。基本的なコンポーネンツはフェラーリ308GTBと同じですが、この年の6月からアメリカ市場での安全に関する規定を満たし、さらに”フェラーリはFRPで造られるべきではない”という顧客の声に応える形で、フェラーリ308シリーズはFRP製ボディから鉄製ボディに変更されています。
また、年を追うごとに厳しくなる排ガス規制に対し、キャブレターのままで対応していく事に無理がある事や、量産化により顧客層が広がった事で、スポーツ性だけでなく、イージードライブを求める声が上がった為、1981年に燃料供給をキャブレターからインジェクションへ変更します。このインジェクションユニットを搭載したモデルは、フェラーリ308GTBi、フェラーリ308GTSiと名称を変えて発売されました。ちなみに新たに名称に加わった『 i 』はインジェクションを意味しています。


①フェラーリ 308GTBの価格相場

フェラーリ308シリーズの中では最も高値水準の取引となっているフェラーリ308GTBですが、2019年から価格は下降しています。特徴的なのはコンディションの良い個体の価格下落幅が大きい事で、他のメーカーではあまり見られません。どうしてもフェラーリは昔から投資対象となっていることもあり、経済の影響を受けたり、コンディションの良い個体を中心に過剰な高騰をした結果、その後適正価格水準に戻ってくるという動きをする傾向があります。
なお、現在の価格相場は💲39,000-127,000となっていますが、初期のFRP製のボディを持つモデルは生産台数が700台程度の為、鉄製ボディのモデルよりも1.5倍以上高い価格水準で取引されています。フェラーリ308GTBは、これからクラシックフェラーリの仲間入りをするモデルです。長期的に見ると今後の価格は上昇していくと思われますので、今は様子を見て、価格相場が底を打ったタイミングで購入するのが良さそうです。

フェラーリ 308GTBの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2020年7月時点

コンディション1(Concours) $127,000
コンディション2(Exellent) $93,000
コンディション3(Good) $55,000
コンディション4(Fair) $39,000

▶ ガリバーで『フェラーリ 308』の在庫車を問い合わせる

フェラーリ 308GTBの詳細スペック

《販売期間》 1977-1980年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷V型8気筒DOHC 2,926cc
《最高出力》 230hp/7,000r.p.m
《最大トルク》 29.0kgm/5,000r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,230×1,720×1,120
《車両重量(kg)》 1330
《最高速度》 252km/h以上
《生産台数》 2897台(うちFRP製 712台)

②フェラーリ 308GTBiの価格相場

インジェクションモデルであるフェラーリ308GTBiは、キャブレターモデルのフェラーリ308GTBよりも若干人気がなく、価格相場は1/2程度となっています。古いフェラーリを乗るのであれば、やはりキャブレターが良いのでしょう。一方、キャブレターにこだわりがない方にとっては、インジェクションモデルは非常にお買い得なモデルです。ただし、インジェクションモデルのフェラーリ308GTBiも近年、価格の下降傾向が続いていますので、お得な価格で購入する為にも価格相場は常にチェックしておいた方が良さそうです。

フェラーリ 308GTBの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2020年7月時点

コンディション1(Concours) $59,000
コンディション2(Exellent) $45,000
コンディション3(Good) $31,000
コンディション4(Fair) $24,000

▶ ガリバーで『フェラーリ 308』の在庫車を問い合わせる

フェラーリ 308GTBiの詳細スペック

《販売期間》 1981-1985年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷V型8気筒DOHC 2,926cc
《最高出力》 230hp/7,000r.p.m
《最大トルク》 29.0kgm/5,000r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,230×1,720×1,120
《車両重量(kg)》 1330
《最高速度》 240km/h以上
《生産台数》 494台

③フェラーリ 308GTSの価格相場

フェラーリ308シリーズのオープンモデルであるフェラーリ308GTSは、2018年まで安定的な価格推移をしてきましたが、その後、急激に下降しています。現在の価格相場は💲27,900-93,000となっており、クープボディのフェラーリ308GTBより若干安価となっています。ディーノ246GTSなど多くのフェラーリモデルはクーペよりもオープンボディの方が高値で取引されている中で、フェラーリ308シリーズはオープンボディの方が価格相場が低くなっている珍しいモデルです。

フェラーリ 308GTSの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2020年7月時点

コンディション1(Concours) $93,000
コンディション2(Exellent) $63,000
コンディション3(Good) $83,500
コンディション4(Fair) $27,900

▶ ガリバーで『フェラーリ 308』の在庫車を問い合わせる

フェラーリ 308GTSの詳細スペック

《販売期間》 1977-1980年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアオープン
《エンジンタイプ》 水冷V型8気筒DOHC 2,926cc
《最高出力》 230hp/7,000r.p.m
《最大トルク》 29.0kgm/5,000r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,230×1,720×1,120
《車両重量(kg)》 1360
《最高速度》 252km/h以上
《生産台数》 3219台

④フェラーリ 308GTSiの価格相場

フェラーリ308GTSのインジェクションモデルであるフェラーリ308GTSiは、クーペ同様にインジェクションモデルの方が価格水準が低くなっています。現在の価格相場は💲21,500-52,000ですが、直近3年は継続的に価格相場が下落している状況です。フェラーリ308シリーズで最も人気のないモデルとなっているフェラーリ308GTSiですが、逆にカジュアルにオープンボディを乗るのも非常におすすめです。

フェラーリ 308GTSの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2020年7月時点

コンディション1(Concours) $52,000
コンディション2(Exellent) $40,000
コンディション3(Good) $28,500
コンディション4(Fair) $21,500

▶ ガリバーで『フェラーリ 308』の在庫車を問い合わせる

フェラーリ 308GTSiの詳細スペック

《販売期間》 1981-1985年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアオープン
《エンジンタイプ》 水冷V型8気筒DOHC 2,926cc
《最高出力》 230hp/7,000r.p.m
《最大トルク》 29.0kgm/5,000r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 4,230×1,720×1,120
《車両重量(kg)》 1360
《最高速度》 240km/h以上
《生産台数》 1743台



SBIホールディングス運営のインズウェブで自動車保険を一括見積もりで見直してみる>>



旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



TOP