メルセデスベンツ190SLのモデル概要

メルセデスベンツ190SLは、1956年2月6日ニューヨークモーターショーにて発表されました。これは今でも続くメルセデスの代表的なスポーツカーであるSLシリーズの誕生でもあります。SLという名称は、”Sports Lightweight”の略で、この初代SLはエンジン排気量が1,897ccという事で190SLと命名されました。
メルセデスベンツ190SLが開発されたきっかけは、同じメルセデスベンツの名車300SLの誕生でした。当時、モーターファンにはル・マンで優勝出来るポテンシャルをもつロードカーが欲しいという願望があり、それに応える形でメルセデスベンツ300SLが生まれました。そしてそれをアメリカに広げたのが、アメリカの伝説的なカーインポーター、マックス・ホフマンでした。
ホフマンは、全米にフランチャイズ店を展開し、多くの欧州車を販売していました。そして、カーディーラーとしての成功だけに留まらず、販売したメーカーの車両開発にまで関わることの出来る地位も得ていました。
当時メルセデスベンツ300SLR がレースにおける成功を収めており、ホフマンは「アメリカ市場ならメルセデスベンツ300SLRの公道版があればが最低でも1,000台は売れるだろう」とダイムラー側に持ち掛けます。そして、メルセデスベンツ300SLの販売に繋がるのですが、メルセデスベンツ300SLは非常に高価であった為、より小さく、より安価なロードスターモデルのニーズも高まってきました。それに応える形でメルセデスベンツ190SLが開発される事になったのでした。

外見上似ているメルセデスベンツ300SLとメルセデスベンツ190SLですが、メルセデスベンツ300SLがレースを意識した開発コンセプトだった一方で、メルセデスベンツ190SLは気軽に快適なドライビングを楽しめる安価なツアラーとして開発されました。アメリカ市場における当時の販売価格は、メルセデスベンツ300SLの7,460ドルに対して3,998ドルという半額近い価格でした。その結果、8年間の販売期間の間に25,887台が生産されるほどのヒット作となったのでした。
メルセデスベンツ190SLのシャーシはW180(通称ポントン)のものを254mm短くして利用しましたが、W180ベースではスポーツカーとして発表することが難しいため、エンジンだけは新たに1,897ccの4シリンダーエンジン(M121)を開発しました。

メルセデスベンツ300SLに搭載されていたM186型6気筒エンジンをベースに、アルミニウムヘッド、アイアンブロック、チェーンドライブオーバーヘッドカム、ソレックス製キャブレーターを設計し、メルセデスベンツ190SLはW180の倍となる120馬力を発生させました。また、サスペンションはメルセデスベンツ300SLロードスターと同じものを採用しています。
外装は1955~1960年までが前期型、1960~1963年が後期型となっており、一番わかりやすい見極め方は、ハードトップの形です。前期型はリアウィンドウが四角く小さいタイプ、後期型はサイドに回り込んだ形でラウンドしています。それ以外の大きなモデルチェンジはなく、1956年にATE製の油圧ブレーキが追加になった程度でした。
メルセデスベンツ190SLはベースとなるW180(ポントン)と共に生産終了となり、1963年にW111/W112セダンをベースとしたメルセデスベンツ230SL(W113、パゴダSL)にモデルチェンジしていきました。

メルセデスベンツ190SLの価格相場

190SLの取引価格は近年の300SLの急騰に連動して高騰しました。現在は300SLの価格上昇も鈍化を見せてきた事により190SLも価格が安定してきています。しかしながら生産台数が2万6000台弱という事で希少車として高価格を維持しています。2018年6月での欧米における取引相場は$47,700~となっており、コンクールコンディションでは$188,000となっています。日本でもおよそ1000~1500万円が中心価格帯のようです。

《HAGERTY情報》 2018年6月時点

コンディション1(Concours) $188,000
コンディション2(Exellent) $142,000
コンディション3(Good) $88,800
コンディション4(Fair) $47,700

▶ ガリバーで『メルセデスベンツ 190SL』の在庫車を問い合わせる

メルセデスベンツ190SLの詳細スペック

《販売期間》1955-1963年
《デザイン》ルドルフ・ウーレンハウト
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアロードスター、 2ドアハードトップクーペ
《エンジンタイプ》水冷直列4気筒SOHC 1897cc
《最高出力》120hp
《最大トルク》14.5kg-m/3200r.p.m
《ミッション》4段MT
《全長×全幅×全高(mm)》4220×1740×1320
《車両重量(kg)》1160
《最高速度》171km/h
《生産台数》
1955年 1,727台
1956年 4,032台
1957年 3,332台
1958年 2,722台
1959年 3,949台
1960年 3,977台
1961年 3,792台
1962年 2,246台
1963年 104台

DeNAが運営する頭金0円、車検/保険料などが全てコミコミの月額定額カーリース【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】で車のサブスクを検討してみる>>

愛車の乗り換えは、”手間なく”、”リスクなく”中古車の個人間売買が出来る『Ancar』


カーライフサイクルを豊かにするサービスを提供するCar Techカンパニー株式会社Ancarが運営する新しい中古車の個人間売買プラットフォーム『Ancar(アンカー)

愛車に乗りながら販売でき、中間手数料も極限まで削減した新しい中古車の個人売買プラットフォームです。
Ancar(アンカー)でクルマを売る場合、費用は売買が成立した時に発生する約5%程度のシステム利用料だけ。さらに購入前の無料点検、面倒な名義変更、決済などを”Ancar”が代行してくれるので、個人売買の不安も解消出来る魅力的なサービスです。また、個人売買で成立しなくても買取業者へそのまま売却する事も出来るのでリスクなく高額売却が可能です。

おまかせ出品とは、
クルマを預けるだけで事前お渡し金額(買取店と同水準以上)に+高く売れた金額を追加で受け取れるサービスです。査定・事前お渡し金をアンカーが提示し、クルマを預け、その分を先に現金で受け取ります。そしてアンカーが撮影・掲載・点検・問合せ対応を行い、個人売買で高く売れた分を出品者に還元する仕組みです。(出典:Ancarホームページ)▶︎ 他店の見積もり金額、保証します!【Ancarおまかせ出品】

ディーラーでの下取金額に不満がある方、過去の売却で失敗経験がある方、新しいサービスで高額売却を狙いたい方に特におすすめします。

RECOMMEND

TOP