日産スカイラインGTR(ハコスカ)のモデル概要

3代目スカイライン ”ハコスカ”

ハコスカの愛称で呼ばれている3代目スカイラインは、1968年から1972年に日産自動車から販売されました。
スカイラインというモデル名は、初代から開発に携わった「桜井眞一郎」が、山スキーで訪れた群馬県草津市の芳が平ヒュッテからの景観を見た際、澄み切った青空と白銀の山々の稜線に深く感銘を受け「空に続く道を駆け抜ける車のようであれ」との思いから名づけられたとされています。

この3代目スカイラインは、発売当時プリンス製(プリンス自動車工業、1966年に日産自動車と合併)のエンジンであるG15型・直列4気筒エンジンを搭載し、足回りはフロントサスにマクファーソンストラット、リアサスにリーフリジットで登場します。その後、グレードにGTが追加されたタイミングで日産製L型エンジンが搭載されることになり、リアサスもセミトレーリングアームに変更されています。ちなみにこの日産L型エンジンはアフターパーツも多く発売され、今でもチューニングを楽しめる名機として人気です。

スカイラインGTR登場

GTに引き続き、1969年にはグレードアップされたスカイラインGTR(ハコスカGTR)が発売されます。
ハコスカGTRはレースカーR380(プリンス自動車工業が開発した日本初のプロトタイプレーシングカー)直系の2リッター直列6気筒DOHCエンジンを改良した「S20型エンジン」を搭載して登場します。このS20型エンジンは、シリンダーヘッドにアルミニウム鋳造、ピストンにはアルミニウム合金製を採用し、さらにエキゾーストマニホールドには、ステンレス鋼製が使われていました。それにより最高出力160㎰、0-400m加速16.1秒、最大トルク18.0Kgf・mを叩き出し、国内では当時の最強性能を誇りました。日産自動車がレースカー由来のスパルタンなS20型エンジンを街中で扱う事を考慮して最高出力を160㎰に制限していたにもかかわらず、GTRはこのパフォーマンスを発揮していました。さらにユーザーは購入後にカムシャフトを高回転型に交換し、キャブレターをレースオプションであったソレックス44PHHもしくはウエーバー45DCOEにするだけで簡単に200㎰前後までチューンアップすることが出来ました。1972年には、ホイールベースを70㎜短縮し、重量も20キログラム以上軽量化されたKPGC10型が1972年まで生産されました。この時に2ドアハードオープンボディが登場しています。このエンジンは昭和48年の排出ガス規制に適応できず、1973年3月を以って製造終了しました。

ハコスカGTRは、見かけは一般車でありながら、走り出すとレースカー並みの高性能を持っていることから「羊の皮を被った狼」とも評され、当時も大人気となりました。実際、スカイラインGTとスカイラインGTRの外観上の大きな違いは、リアフェンダーに張り出したサーフィンラインのみです。これはトレッドを広げたための対応だといわれています。また当然のことながらレースシーンでも大活躍し、1972年10月のワークス活動の終了までに国内ツーリングカーレースでは通算52勝、49連勝という前人未到の記録を達成しました。

①日産 スカイラインGTR(PGC10型)ハコスカ セダンの価格相場

ハコスカGTRのセダンタイプPGC10型は、コンディションの良い個体を中心に2020年頃20%程度の価格上昇がありましたが、それ以降は一定の価格水準を維持しています。ハードトップクーペのKPGC10型に比べると人気の面で劣る為、価格水準は低くなっています。ちなみにハコスカGTRセダン(PGC10型)は2年間生産されていますが、年式による価格差はありません。

日産 スカイラインの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2021年3月時点
コンディション1(Concours) $190,000
コンディション2(Exellent) $120,000
コンディション3(Good) $80,000
コンディション4(Fair) $61,000

▶ ガリバーで『日産 スカイラインGTR』の在庫車を問い合わせる

日産 スカイラインGTR(PGC10型)ハコスカ セダンの詳細スペック

販売期間:1969-1970年
乗車定員:5名
ボディスタイル:4ドアセダン
エンジンタイプ:水冷直列6気筒DOHC4バルブ1989㏄
最高出力:160hp/7000r.p.m
最大トルク:18.0kgm/5600r.p.m
ミッション:5速MT
全長×全幅×全高:4395×1610×1385
車両重量:1120kg
最高速度:-km/h以上
生産台数:832台

②日産 スカイラインGTR(KPGC10型)ハコスカ クーペの価格相場

ハコスカGTRの2ドアハードトップクーペであるKPGC10型は、2019年頃から世界のクラシックカー市場から注目が集まり始め、価格上昇基調に乗りはじめました。そして2020年になると価格相場は一気に1.5倍程度上昇します。ハードトップクーペのKPGC10型はセダンのPGC10型よりも人気があるため、価格水準は1.5倍程度となっています。またセダン同様、年式による価格差はありません。ハコスカGTRは、もともと国内でも大人気の旧車・クラシックカーでしたが、現在は世界のクラシックカーマーケットに認められ、トヨタ2000GTと共に日本が誇る名車となっています。

日産 スカイラインの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2021年3月時点
コンディション1(Concours) $285,000
コンディション2(Exellent) $190,000
コンディション3(Good) $120,000
コンディション4(Fair) $84,000

▶ ガリバーで『日産 スカイラインGTR』の在庫車を問い合わせる

日産 スカイラインGTR(KPGC10型)ハコスカ クーペの詳細スペック

販売期間:1970-1972年
乗車定員:5名
ボディスタイル:2ドアハードトップクーペ
エンジンタイプ:水冷直列6気筒DOHC4バルブ1989㏄
最高出力:160hp/7000r.p.m
最大トルク:18.0kgm/5600r.p.m
ミッション:5速MT
全長×全幅×全高:4330×1665×1370
車両重量:1100kg
最高速度:-km/h以上
生産台数:1197台



▶ DeNAが運営する頭金0円、車検/保険料などが全てコミコミの月額定額カーリース【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】で車のサブスクを検討してみる


旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



TOP