ポルシェ356Bのモデル概要

自動車史の中で完成車メーカーとして新興だったポルシェ社の礎を作ったのが356シリーズでした。当時のポルシェ社は、車輌設計・開発請負を行う会社として1931年からスタートし、メルセデスベンツ等の設計を行っていました。そして、天才エンジニアとして自動車業界で名を馳せていたフェルディナントポルシェ博士は自らも小型スポーツカーの開発販売に乗り出します。

ポルシェ356の開発は1938年から開始され、フォルクスワーゲンタイプ1(通称ビートル)をベースに進められました。しかし、開発の途中でフェルディナントポルシェ博士が、第2次世界大戦中の軍事開発の責任を問われ、1945年から2年余り戦犯として連合国軍側に拘留されてしまい、開発から離れます。また、フェルディナントポルシェ博士は当時すでに高齢となっていた為、実際に356の開発・設計を担当したのは、ポルシェ博士の息子である「フェリーポルシェ」ことフェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェと、長年ポルシェ博士の下で多数の車両開発に携わってきたカール・ラーベでした。この様な状況で最初のモデルが販売される1948年まで実に10年の時がかかっています。ちなみに356の発売開始の1年後にフェルディナントポルシェ博士は亡くなっています。

356は複数のボディスタイルが販売され、一般的なクーペに加え、オープンモデルのカブリオレ、そして北米市場向けに造られたスピードスター、そして豪華版オープンのコンバーチブルDとロードスターがラインナップされています。

356シリーズは356preA→356A→356B→356Cと続きますが、その中で356Bは、1959年のフランクフルトショーで発表されます。356Bは、同じBシリーズでも初期はT5と呼ばれるボディを持ち、途中T6と呼ばれるボディに変更された経緯があります。まずT5ボディでは、356A比べライト位置とフロントフェンダーの位置があがり、フロントウィンドウの角度が変わりました。さらに三角窓が標準装備され、前後の窓の大げさが全体的に広がっています。また、フロントバンパーが大型化され、リムガードが付くようになりました。そして、1962年からのT6ボディではリアエンジンフードのグリルが2連に変更された事とフロントフードの形状が変更された事がT5ボディからの主な変更点となっています。

クラシックカー全般的に言えますが、購入の際にはボディコンディションを注意深くチェックすることが必要です。幸い356シリーズは現在でも豊富にパーツが出回っており、維持をするのは比較的容易な部類に入りますが、ボディの錆や腐りに関しては復元に高額な費用がかかってしまいます。ただ、356は、クルマとしての完成度が非常に高く、構造もシンプルで丈夫ですので、クラシックカーの入門モデルの筆頭と言えるでしょう。




①ポルシェ356Bクーペの価格相場


356Bクーペは2011年頃から価格上昇を初め、2014年頃に急騰しました。そこからは現在まで横ばいに推移しており、欧米では$34,000-148,000の相場で取引されています。相場の幅が広いのは、コンディションのばらつきもありますが、356シリーズは様々なエンジンがある為、外観上は同じでも価格は異なります。また、カレラ等の特別モデルも存在し、こちらは別格の価格相場を形成しています。356Bは日本の公道でもドライブしてる姿も見られます。日本でドライブを楽しめる個体を手に入れるには1,000万円前後となっています。

ポルシェ356の販売車両を検索

HAGERTY情報》 2017年8月時点

コンディション1(Concours) 2dr Coupe $107,000~148,000
コンディション2(Exellent) 2dr Coupe $72,300~126,000
コンディション3(Good) 2dr Coupe $54,400~99,900
コンディション4(Fair) 2dr Coupe $34,000~61,200

▶ ガリバーで『ポルシェ356』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ356Bクーペの詳細スペック

《販売期間》1959-1963年
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ・最高出力・最大トルク》
空冷水平対向4気筒1,582cc 60hp/4,500r.p.m 11.2kgm/2,800r.p.m
空冷水平対向4気筒1,582cc 75hp/5,000r.p.m 11.9kgm/2,800r.p.m
空冷水平対向4気筒1,582cc 90hp/5,500r.p.m 12.3kgm/4,300r.p.m
《ミッション》4速MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,010×1,670×1,330
《車両重量(kg)》905-950
《最高速度》-km/h
《生産台数》
1959年 1,320台
1960年 4,413台
1961年 4,176台
1962年 6,263台
1963年 4,426台

②ポルシェ356Bカブリオレの価格相場


356Bもオープンモデルは高値で取引されており、カブリオレは欧米相場で$68,100-297,000となっています。カブリオレは2010年頃から価格上昇が始まり、2015年まで上昇し続けました。その後は価格上昇が一段落し、横ばいの相場となっています。

ポルシェ356の販売車両を検索

HAGERTY情報》 2017年8月時点

コンディション1(Concours) 2dr Cabriolet $225,000~297,000
コンディション2(Exellent) 2dr Cabriolet $168,000~226,000
コンディション3(Good) 2dr Cabriolet $102,000~169,000
コンディション4(Fair) 2dr Cabriolet $68,100~105,000

▶ ガリバーで『ポルシェ356』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ356Bカブリオレの詳細スペック

《販売期間》1959-1963年
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアカブリオレ
《エンジンタイプ・最高出力・最大トルク》
空冷水平対向4気筒1,582cc 60hp/4,500r.p.m 11.2kgm/2,800r.p.m
空冷水平対向4気筒1,582cc 75hp/5,000r.p.m 11.9kgm/2,800r.p.m
空冷水平対向4気筒1,582cc 90hp/5,500r.p.m 12.3kgm/4,300r.p.m
《ミッション》4速MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,010×1,670×1,330
《車両重量(kg)》925-970
《最高速度》-km/h
《生産台数》
1959年 468台
1960年 1,617台
1961年 1,609台
1962年 1,568台
1963年 932台

③ポルシェ356Bロードスターの価格相場


356Bロードスターは、コンクールコンディションの個体のみ2009年頃から価格上昇しましたが、2012年後半から全体的に一段価格が上がりました。現在は横ばいの価格相場を形成しています。

ポルシェ356の販売車両を検索

HAGERTY情報》 2017年8月時点

コンディション1(Concours) 2dr Roadstar $225,000~302,000
コンディション2(Exellent) 2dr Roadstar $168,000~235,000
コンディション3(Good) 2dr Roadstar $102,000~178,000
コンディション4(Fair) 2dr Roadstar $68,100~123,000

▶ ガリバーで『ポルシェ356』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ356Bの詳細スペック

《販売期間》1959-1961年
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアロードスター
《エンジンタイプ・最高出力・最大トルク》
空冷水平対向4気筒1,582cc 60hp/4,500r.p.m 11.2kgm/2,800r.p.m
空冷水平対向4気筒1,582cc 75hp/5,000r.p.m 11.9kgm/2,800r.p.m
空冷水平対向4気筒1,582cc 90hp/5,500r.p.m 12.3kgm/4,300r.p.m
《ミッション》4速MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,010×1,670×1,310
《車両重量(kg)》815
《最高速度》-km/h
《生産台数》
1959年 561台
1960年 1,529台
1961年 763台



DeNAが運営する頭金0円、車検/保険料などが全てコミコミの月額定額カーリース【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】で車のサブスクを検討してみる>>

旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



TOP