ポルシェ 911(930シリーズ)のモデル概要

1973年にナローポルシェ時代の集大成となるポルシェ911カレラRS2.7が登場した翌年、911シリーズは大きくモデルチェンジが施されました。
まず販売されるグレードの名称が変更され、ベーシックモデルが「911T→911」、その上級版が「911S→911S」、最高性能モデルが「911S→911カレラ」の名称になります。そしてエンジンは、ベースモデル「911」と上級版「911S」に水平対向6気筒エンジンを搭載し、そこにKジェトロニック燃料噴射が組み合わされます。また、最上級モデル「911カレラ」ではエンジンにメカニカル燃料噴射が採用されています。
一方インテリアは、メーターやステアリングが一新されたのをはじめ、シートはヘッドレスト一体式のタイプが採用されるなど、無骨だったポルシェ911のインテリアは徐々に豪華仕様になりました。
総論として930シリーズは、モデルチェンジによりエンジンパワーが大きく向上しますが、1973年以前のナローポルシェ時代よりも扱いやすくなっているのが特徴です。

930シリーズのモデル変遷

911シリーズの中でも圧倒的に生産年数が長かった930シリーズは、時代を受けて部分的に変更が加えられながら生産が続いてきました。限定モデルの発売や現在でも続くポルシェのアイコンであるターボモデルも930シリーズから始まっています。

911カレラ3.0の登場

930シリーズにモデルチェンジされた2年後の1975年にはレース及びラリー用として3リッターエンジンを搭載したカレラ3.0が限定109台で生産されました。搭載された3リッターエンジンは、2.7リッターユニットをさらに5mmボアアップし、2994ccの排気量を得て、230HP、28.0kg-mを発揮します。そしてホイールは前8J、後9Jとなり、ブレーキは917用のアルミ製4ピストン・キャリパーとドリルド・ディスクを採用している一方、ボディは900kgまで軽量化されており、最高速度250km/h、0〜100km/h加速5.3秒という高性能を誇っています。

911ターボ

同じ1975年には、ポルシェ初のターボモデル「930ターボ」もラインナップに加わります。911カレラ3.0の3リッターエンジンユニットにターボチャージャーを取り付け、圧縮比を調整して260HP/5500r.p.m、35kg-m/4000r.p.mまで発揮しました。一方、シャシー/ボディは基本的には911シリーズを踏襲しますが、リアフェンダーは大パワー化に対応する太いタイヤを収めるよう大きく張り出したものになります。合わせてトレイタイプのリアスポイラーも標準装備となりました。その結果930ターボは、最高速度250km/h、0〜100km/h加速5.2秒を記録します。さらに快適装備も与えられ、高性能スポーツカーでありながら快適なグランドツアラーとして現在までのターボモデルの礎を築いています。

911SC

1978年には新たに911SCが登場します。日本仕様は装備の違いによってSCとSCSの2グレードが選べましたが、どちらも2994ccの排気量から8.5:1の圧縮比により180PS、27.0kg-mを発揮する3リッターフラット6を搭載しています。

オープンモデルの復活

1983年からは356シリーズの生産中止以来長らく途絶えていたカブリオレモデルが復活します。フルオープンとなるカブリオレはわずか2〜3分で幌を収納することが可能となっており、ボディには当然の事ながら剛性を確保するため、各部に補強が施されているほか、本革シートが標準となるなど豪華な仕様が与えられました。翌年の1984年からは、これまで同様クーペ、タルガ、そして前年より加わったカブリオレの3種類のボディがラインナップされていますが、エンジンは全て3.2リッターとなり、グレードは全てカレラで統一されました。

930シリーズの終焉

1987年モデル以降は、911カレラの出力が225PSにパワーアップしたほか、トランスミッションがポルシェシンクロからワーナーシンクロへ変更されています。そして、1989年にはスピードスターモデルや軽量化が施されたクラブ・スポーツ、さらに911の登場25周年を記念したモデルが発売された後、この年に964シリーズへモデルチェンジとなりました。


①ポルシェ 911(最初期モデル)の価格相場

930シリーズの中でも最初期のモデルは市場に出回る数も少なく希少な存在です。930シリーズとはいえ、最初期のモデルはナロー時代の軽いボディを使用しており、それでいてエンジンパワーが向上している為、一部のマニアで非常に人気があります。それゆえ価格も上昇傾向になっており、コンディションの良いモデルから優先的に価格が上昇しています。

ポルシェ 911の販売車両を検索>>

《HAGERTY情報》 2021年9月時点
コンディション1(Concours) $80,000
コンディション2(Exellent) $56,000
コンディション3(Good) $41,000
コンディション4(Fair) $26,000

▶ ガリバーで『ポルシェ 911(930シリーズ)』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ911(最初期モデル)の詳細スペック

《販売期間》1974-1975年
《乗車定員》4名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》空冷水平対向6気筒SOHC 2,687cc
《最高出力》165hp/5,800r.p.m
《最大トルク》24.0kg-m/4,000r.p.m
《ミッション》4速MT、5速MT、3速スポルトマチック
《全長×全幅×全高(mm)》4,291×1,610×1,320
《車両重量(kg)》1,120
《最高速度》-km/h
《生産台数》-台

②ポルシェ 911カレラ3.0の価格相場

911のベースモデルは1975年からエンジンが3.0リッターにアップし、モデル名も911カレラ3.0となっています。現在この時代のモデルは市場に出回る事が少なく、ほぼASK表示となっています。

ポルシェ 911の販売車両を検索>>

《HAGERTY情報》 2020年11月時点
コンディション1(Concours) No Data
コンディション2(Exellent) No Data
コンディション3(Good) No Data
コンディション4(Fair) No Data

▶ ガリバーで『ポルシェ 911(930シリーズ)』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ911カレラ3.0の詳細スペック

《販売期間》1975-1977年
《乗車定員》4名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》空冷水平対向6気筒SOHC 2,994cc
《最高出力》200hp/6,000r.p.m
《最大トルク》26.0kg-m/4,000r.p.m
《ミッション》4速MT、5速MT、3速スポルトマチック
《全長×全幅×全高(mm)》4,291×1,652×1,320
《車両重量(kg)》1,120
《最高速度》-km/h
《生産台数》-台

③ポルシェ 911SCの価格相場

近年注目され始め、価格が上昇傾向にあるのが911カレラ3.0からバトンタッチされて登場した911SCです。2020年に入って上昇傾向が始まり、現在までの1年半で約20%上昇しました。また911SCは、クーペボディとオープンのタルガボディがラインナップされていますが、両者の価格差は小さく、若干クーペの方が高額といった程度です。

ポルシェ 911の販売車両を検索>>

《HAGERTY情報》 2021年9月時点
コンディション1(Concours) $105,000(クーペ)、$95,000(タルガ)
コンディション2(Exellent) $75,000(クーペ)、$71,000(タルガ)
コンディション3(Good) $44,000(クーペ)、$42,000(タルガ)
コンディション4(Fair) $34,000(クーペ)、$33,000(タルガ)

▶ ガリバーで『ポルシェ 911(930シリーズ)』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ911SCの詳細スペック

《販売期間》1978-1983年
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》空冷水平対向6気筒SOHC 2,994cc
《最高出力》180hp/5,500r.p.m
《最大トルク》27.0kg-m/4,000r.p.m
《ミッション》5速MT、3速スポルトマチック
《全長×全幅×全高(mm)》4,300×1,650×1,350
《車両重量(kg)》1200kg
《最高速度》-km/h
《生産台数》-台

④ポルシェ 911ターボの価格相場

ポルシェ911のターボモデルは、930シリーズだけでなく、歴代のポルシェ911の中でも最高峰グレードとして君臨しているため価格相場も別格となっています。現在、930シリーズの911ターボを手に入れるには、程度の良い個体を探すと最低でも1500万円以上は必要になります。一方、価格相場の推移としては、930シリーズの911ターボは、ナローポルシェの急騰に影響され、また投機的な意味でも過剰に取引がされていた為、ここ数年大きく価格が上昇していました。しかし、2020年に入ると行き過ぎた価格相場にも調整が入り、現在はピークから少し価格を下げて維持している状況です。

ポルシェ 911の販売車両を検索>>

《HAGERTY情報》 2021年9月時点
コンディション1(Concours) $211,000〜$247,000
コンディション2(Exellent) $155,000〜$178,000
コンディション3(Good) $105,000〜$131,000
コンディション4(Fair) $57,800〜$68,300

▶ ガリバーで『ポルシェ 911(930シリーズ)』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ911ターボの詳細スペック

《販売期間》1978-1989年
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》空冷水平対向6気筒SOHC 3,281cc
《最高出力》265hp/5,500r.p.m
《最大トルク》40.3kg-m/4,000r.p.m
《ミッション》4速MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,300×1,785×1,310
《車両重量(kg)》1330kg
《最高速度》-km/h
《生産台数》-台

④ポルシェ 911カレラの価格相場

ポルシェ911カレラは、2020年からコンディションの良い個体を中心に徐々に価格上昇がはじまり、2021年になると全てのコンディションの個体が価格上昇し始めました。現在でも上昇傾向は続いており、空冷ポルシェ全体が上昇している現在では今後も引き続き価格は上昇していくことが予想されます。

ポルシェ 911の販売車両を検索>>

《HAGERTY情報》 2021年9月時点
コンディション1(Concours) $118,000〜$120,000(クーペ)、$103,000〜$112,000(タルガ)、$86,000〜$92,000(カブリオレ)
コンディション2(Exellent) $87,000〜$90,000(クーペ)、$78,000〜$86,000(タルガ)、$70,000〜$78,500(カブリオレ)
コンディション3(Good)$53,500〜$55,000(クーペ)、$46,000〜$51,000(タルガ)、$41,000〜$46,500(カブリオレ)
コンディション4(Fair) $43,000〜$44,500(クーペ)、$36,000〜$41,000(タルガ)、$33,000〜$36,500(カブリオレ)

▶ ガリバーで『ポルシェ 911(930シリーズ)』の在庫車を問い合わせる

ポルシェ911カレラの詳細スペック

《販売期間》1984-1989年
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》空冷水平対向6気筒SOHC 3,164cc
《最高出力》215hp/5,800r.p.m
《最大トルク》26.0kg-m/4,800r.p.m
《ミッション》5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,300×1,650×1,350
《車両重量(kg)》1230kg
《最高速度》-km/h
《生産台数》-台




旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



RECOMMEND

TOP