フォルクスワーゲン カルマンギアのモデル概要

フォルクスワーゲン カルマンギアは、フォルクスワーゲン社のコンポーネンツにイタリアのカロッツェリアであるギア社がボディデザインを行い、ドイツのコーチビルダーであるカルマン社が生産して誕生しました。

パワートレインやバックボーン・プラットフォームシャーシの基本構造はフォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)と共有し、同時代のフォルクスワーゲンの特徴である水平対向4気筒空冷OHVエンジンのRRレイアウトも同様に搭載されています。

パワートレインは通常のフォルクスワーゲンタイプ1と同様のものであるため、走行性能は、決して飛び抜けたわけではありませんが、車高が低くボディスタイルが美しい事からスポーツカー的な感覚を気軽に味わえる「プアマンズ・ポルシェ(貧乏人のポルシェ)」と評され、人気を保ち続けています。

また、量産車であるフォルクスワーゲンタイプ1をベースとしていることから、部品供給も問題なく、メンテナンスも容易という事で昔も今も非常に好評を博している車となっています。

ただし、近年では50年代のカルマンギアを中心にコレクターカーとしての地位が確立されつつあり、価格も上昇傾向になっています。また、価格上昇に伴い、大量に海外へ流出してしまい、コンディションの良い個体を日本で見つけるのは非常に難しくなってしまいました。


①フォルクスワーゲン カルマンギア※初期モデル(角テール)の価格相場

2014年から一気に急騰しています。クラシックカー価格の全体的な高騰の中、フォルクスワーゲンのモデルは非常に大きく影響を受けました。特にワーゲンバスと呼ばれているタイプⅡとカルマンギアがすでにコレクターズアイテムとして取り扱われ、2014年以前に比べて2倍以上の相場での取引となっています。

フォルクスワーゲン カルマンギアの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2017年1月時点

コンディション1(Concours) $41,900~50,500
コンディション2(Exellent) $27,400~31,500
コンディション3(Good) $16,300~19,500
コンディション4(Fair) $8,100~10,500

▶ ガリバーで『フォルクスワーゲン カルマンギア』の在庫車を問い合わせる

フォルクスワーゲン カルマンギア※初期モデルの詳細スペック

《販売期間》1955-1959年
《デザイン》ギア
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ、2ドアカブリオレ
《エンジンタイプ》空冷水平対向4気筒OHV 1,192cc
《最高出力》30hp/3,400r.p.m
《最大トルク》7.7kg-m/2,000r.p.m
《ミッション》4段MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,140×1,634×1,330
《車両重量(kg)》820
《最高速度》115km/h
《生産台数》-台

②フォルクスワーゲン カルマンギア※中期モデル(三日月テール)の価格相場

カルマンギアとしては中期モデルとなる1960年代の三日月テールモデルも2014年から急騰を見せています。ポルシェにもボディを供給しているカルマン社製のボディを採用しているカルマンギアは、フォルクスワーゲンの中でも特別な扱いとして人気が出ています。現在、欧米では2014年以前と比べて2倍以上になっており、日本からもかなりの数が流出してしまったようです。現状、日本で楽しめる車両を探すのであれば、200-300万円程度の予算は必要になります。

フォルクスワーゲン カルマンギアの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2017年1月時点

コンディション1(Concours) $34,500~50,500
コンディション2(Exellent) $20,800~31,500
コンディション3(Good) $13,000~19,500
コンディション4(Fair) $6,500~10,500

▶ ガリバーで『フォルクスワーゲン カルマンギア』の在庫車を問い合わせる

フォルクスワーゲン カルマンギア※中期モデルの詳細スペック

《販売期間》1960-1970年
《デザイン》ギア
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ、2ドアカブリオレ
《エンジンタイプ》Ⅰ.空冷水平対向4気筒OHV 1,285cc、 Ⅱ.空冷水平対向4気筒OHV 1,493cc
《最高出力》Ⅰ.40hp/4,000r.p.m、 Ⅱ.44hp/4,000r.p.m
《最大トルク》Ⅰ. 8.9kg-m/2,000r.p.m、 Ⅱ.10.2kg-m/2,000r.p.m
《ミッション》4段MT
《全長×全幅×全高(mm)》4,140×1,634×1,330
《車両重量(kg)》850
《最高速度》-km/h
《生産台数》-台

③フォルクスワーゲン カルマンギア※後期モデル(ビッグテール)の価格相場

初期モデルである角テールや中期モデルの三日月テールと価格変動については同様の動きをしています。しかし、後期モデルであるビックテールはそれらに比べて若干人気は劣る為、価格も低い傾向です。日本でも個体によっては100万円台で手に入れることが出来ます。

フォルクスワーゲン カルマンギアの販売車両を検索

《HAGERTY情報》 2017年1月時点

コンディション1(Concours) $30,200~43,200
コンディション2(Exellent) $18,500~26,200
コンディション3(Good) $11,400~15,900
コンディション4(Fair) $5,700~9,500

▶ ガリバーで『フォルクスワーゲン カルマンギア』の在庫車を問い合わせる

フォルクスワーゲン カルマンギア※後期モデルの詳細スペック

《販売期間》1970-1975年
《デザイン》ギア
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ、2ドアカブリオレ
《エンジンタイプ》空冷水平対向4気筒OHV 1,584cc
《最高出力》50hp/4,000r.p.m
《最大トルク》10.8kg-m/2,800r.p.m
《ミッション》4速MT、3速AT
《全長×全幅×全高(mm)》4,140×1,634×1,330
《車両重量(kg)》870
《最高速度》140km/h
《生産台数》-台



DeNAが運営する頭金0円、車検/保険料などが全てコミコミの月額定額カーリース【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】で車のサブスクを検討してみる>>

旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



RECOMMEND

TOP