アルファロメオ TZのモデル概要

1962年のトリノ・ショーでデビューしたアルファロメオTZ1(チュボラーレ・ザガート)は、ジュリエッタSV(スプリント・ヴェローチェ)のスポーツバージョンだった先代のアルファロメオSZ(スプリント・ザガート)に対し、純粋なレースへの参戦を前提としたモデルでした。

フレームは鋼管スペース・シャシーを採用し、架装されるアルミ製ボディはアルファロメオSZ-2のコンセプトを受け継いだスタイルでしたが、空気抵抗を低減するためノーズは更に低められ、テールをきりおとしたコーダ・トロンカ・ボディもさらに改良されました。搭載される1.6リッターエンジンはウェーバー製45DCOEをツインで装着し、112HP/6,500r.p.mの最高出力を発揮しています。このパワーと660kgの軽量ボディによって、最高速度は215km/hまで達します。ブレーキはアルファロメオSZのドラムブレーキから4輪ディスクブレーキに変更され、リア・サスペンションもリジッドから固定長ハーフ・シャフトとロア・ウィッシュボーンによる変型ダブル・ウィッシュボーン方式となりました。

1965年にはアルファロメオTZ1を進化させたアルファロメオTZ2が発売されます。アルファロメオTZ1をベースにこれまで以上にコンペティティブに進化させたモデルで、鋼管スペースフレームのシャシーはそのままにアルミ製ボディをFRP製に変更しています。これによって車重は更に軽量化され、ボディスタイルもノーズ、ルーフ共にTZ1よりも更に低められました。エンジンも大幅な変更が加えられており、エンジン高を低めるためのドライ・サンプ化や、アルファロメオジュリアGTAと同様のツイン・イグニッション・ヘッドが採用されました。さらにバルブ径インテーク、エクゾースト共に2.5mm拡大されて45mm/41mmとなっています。これらの改良により、パワーは165HP/7,000r.p.mに向上しました。

アルファロメオTZ1は1963~67年の間に112台が生産されましたが、アルファロメオTZ2は更に希少で10台が販売されたのみでした。ただ、中には一度アルファロメオTZ1として販売されたものが、再びアルファロメオの向上に戻り、アルファロメオTZ2に改造され存在している個体もあります。

①アルファロメオ TZ-1の価格相場

アルファロメオTZ1は生産台数が極めて少ないため、滅多に市場には出回りません。その為、価格相場の変動はあまりなく、レースヒストリーやコンディションなど個体ごとに大きく価格は異なっています。そして基本的には愛好家同士の相対取引で売買が行われ、手に入れるにはお金だけでなく所有する人の信用力も問われる事でしょう。また、このレベルのイタリア車になるとイタリア政府からイタリア国外の持ち出しを制限されたり、イタリア国外にある車両でも返還を求められたりします。

《HAGERTY情報》 2020年5月時点

コンディション1(Concours) $1,500,000
コンディション2(Exellent) $1,350,000
コンディション3(Good) $1,100,000
コンディション4(Fair) $880,000

▶ ガリバーで『アルファロメオ TZ』の在庫車を問い合わせる

アルファロメオ TZ-1の詳細スペック

《販売期間》 1963-1967年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》 2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷直列4気筒DOHC 1,570cc
《最高出力》 113ps/6,500r.p.m
《最大トルク》 13.5kgm/4,200r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 3,950×1,510×1,200
《車両重量(kg)》 660
《最高速度》 215km/h以上
《生産台数》 112台

②アルファロメオ TZ-2の価格相場

アルファロメオTZ1よりも更に希少なTZ2はもはや手に入れる事は奇跡に近い状況です。生産された10台の内、市場に出回ったとしても$2,100,000-3,350,000という価格となります。こちらもアルファロメオの歴史的な至宝ともいうべきモデルの為、手に入れるにはお金だけでは難しい世界です。

《HAGERTY情報》 2020年5月時点

コンディション1(Concours) $3,350,000
コンディション2(Exellent) $3,100,000
コンディション3(Good) $2,600,000
コンディション4(Fair) $2,100,000

▶ ガリバーで『アルファロメオ TZ』の在庫車を問い合わせる

アルファロメオ TZ-2の詳細スペック

《販売期間》 1965-1967年
《乗車定員》 2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》 水冷直列4気筒DOHC 1,570cc
《最高出力》 170ps/7,500r.p.m
《最大トルク》 13.5kgm/4,200r.p.m
《ミッション》 5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》 3,950×1,540×1,060
《車両重量(kg)》 620
《最高速度》 -km/h以上
《生産台数》 10台

SBIホールディングス運営のインズウェブで自動車保険を一括見積もりで見直してみる>>



旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



RECOMMEND

TOP