ランチア ストラトスHFのモデル概要

ランチア  ストラトスは国際的なラリー選手権であるWRC参戦の為のレギュレーションをクリアする為のホロモゲーションモデルとして開発されます。ボディは1971年のトリノショーでベルトーネがデザインしたコンセプトカー「ストラトス」をベースに開発され、エンジンはフェラーリ Dino246GT/GTSと同じV型6気筒DOHCエンジンユニットが搭載されました。

ランチア ストラトスはそのボディが革新的であり特徴になっていますが、ラリーカーとしての機能性を追求した結果であり、その短いホイールベースは鋭い運動性能を確保し、同様に広いトレッドはコーナーリング性能を高めています。また、フロントウィンドウはサイドまで湾曲しており、フロントピラーも非常に細くなっています。この為、前方視界は非常に良くなっています。一方で、常に前しか見ないラリーカーらしく後方視界については、太いピラーとルーバーにより非常に悪くなっています。
足回りはフロントにダブルウィッシュボーン+コイル、リアがストラット+コイルの構造となっており、そこにフェラーリ Dino246GT/GTSと同じV型6気筒DOHCエンジンユニットが搭載されましたが、ランチア  ストラトスはラリー車という事もあり、低速での出力にチューニングされました。

ランチア ストラトスは、グループ4(GTSクラス)の参戦を目指し、そのレギュレーション「連続する12ヶ月に400台以上の生産が必要」をクリアする為、1973年に販売が開始されます。そしてランチア ストラトスは、1974年10月1日付けでWRC参戦のレギュレーション「連続する12ヶ月に400台以上の生産が必要」をクリアし、ホロモゲーションを獲得します。WRCに参戦すると、その性能の高さから1974~1976年で3年連続のメイクスタイトルを獲得し、ランチアへ大きな栄光をもたらしました。一方、販売となると売れ行きは順調ではなく、その為、親会社であるフィアットはWRC参戦をストラトスではなく、フィアットアバルト131ラリーに変更します。

しかしプライベーターの手によりランチア ストラトスはラリーへの参戦は行われ、1978年ツールド・コルス、1979年モンテカルロ、ツールド・コルス、サンレモを制し、さらに1981年のツールド・コルスを勝ち取るなど、その戦闘力の高さを証明し続けました。
結局ランチア ストラトスは、1973年の発売開始から1975年までに492台が販売され、現在では非常に希少なクラシックカーとなっています。その為、昔から多くのレプリカが存在している為、購入する際には個体の目利きが極めて重要になります。また、オリジナルの個体だとしてもラリーカーという性質上、使用状況からフレームの損傷や金属疲労も注意深くチェックする必要があります。ただし、自動車の歴史上でも重要なモデルでもあり、特にラリー車というカテゴリーで見ればトップクラスに君臨しますので、所有する価値は非常に高いモデルです。

ランチア ストラトスHFの価格相場

ランチア ストラトスは希少性ゆえ継続的に価格が上昇してきました。2012年頃から急騰した相場は現在は一旦落ち着いてきています。フェラーリの急騰に牽引されDino246GT/GTSも高騰しましたが、Dinoエンジンを積んだFiat Dinoも高騰したことから同様にDinoエンジンを搭載するランチア ストラトスも高騰しています。ただし、ランチアストラトスはホロモゲーションモデルという希少性と運動性能の高さから一部の熱狂的なマニアも存在する為、価格相場は今後も安定的に上昇すると考えられます。

《HAGERTY情報》 2017年1月時点

コンディション1(Concours) $585,000
コンディション2(Exellent) $531,000
コンディション3(Good) $480,000
コンディション4(Fair) $391,000

▶ ガリバーで『ランチア ストラトスHF』の在庫車を問い合わせる

ランチア ストラトスHFの詳細スペック

《販売期間》1973-1975年
《デザイン》ベルトーネ
《乗車定員》2名
《ボディスタイル》2ドアクーペ
《エンジンタイプ》水冷V型6気筒DOHC 2,418cc
《最高出力》190ps/7,400r.p.m
《最大トルク》23.0kgm/4,000r.p.m
《ミッション》5速MT
《全長×全幅×全高(mm)》3,710×1,750×1,114
《車両重量(kg)》980
《最高速度》230km/h
《生産台数》492台



DeNAが運営する頭金0円、車検/保険料などが全てコミコミの月額定額カーリース【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】で車のサブスクを検討してみる>>

旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】がおすすめ!



クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
一台一台コンディションで大きく評価が異なる旧車・クラシックカーの買取は非常に難しく、一般的な中古車買取業者では適正な金額を算出することはほぼ不可能ですが、【旧車王】は、「鑑定士」のいる旧車買取ですので安心して売却ができます。
ウェブサイトには希少モデルの買取相場も掲載されていますので、愛車の価格相場を確認してみてはいかがでしょうか?
▶︎【旧車王】メーカー別・旧車の高価買取・売却

輸入車、旧車に特化して20年以上のカレント自動車が運営する【旧車王】の特徴とは、
(旧車王ホームページより ▶︎旧車王が選ばれる理由

    • クラシックカー、旧車に特化しているので、ノウハウと過去の取引データが豊富にあり、どこにも負けない適正な高価買取価格のご提示が可能。他社様で断られがちな、国内に1台しか存在しない希少車でも、値付けすることが可能です!
    • 長期保存による予期せぬ不具合などがあった場合でも、自社工場にて修理、修復が可能なので、他社様より提示金額が下がることなく買取可能!
    • 自社ショールームだけでなく国内や海外に豊富な販売ルートを持っており、圧倒的な販売力があるため、高値での買取価格のご提示が可能。
    • 出張査定料は無料です!全国どこへでもお伺いさせていただきます!!電話でのお問合せも大歓迎!もちろんこちらも無料でご対応させていただきます。
    • オーナー様によってどれだけ整備をしていただいたのか、お車を維持するためにどんな苦労をされたのか、お車の愛情エピソードをお話ください!その分査定金額に反映させていただきます。



RECOMMEND

TOP