【クラシックカー売却方法】知らないと損!旧車ヴィンテージカーを最も高く売る手法

    別のモデルに乗り換えたい。急にお金が必要になった。理由はさまざまですが、愛車のクラシックカー・旧車をを売却するタイミングはあると思います。
    しかし、一般的な自動車と異なるクラシックカーはどのように売却するのが最も高く売れる方法なのでしょうか?
    そこで今回はクラシックカーのおすすめの売却方法についてご紹介します。

    クラシックカー・旧車を売却する際にやってはいけないこと

    まずはおすすめの売却方法をご紹介する前にやってはいけないことをおさえておきましょう。

    通常の自動車売却では、新車購入時に下取り車として引き取ってもらったり、大手自動車買取業者に持ち込んだり、はたまた、インターネットで一括買取見積りを依頼する事が一般的だと思います。これらの買取業者は、主にモデル別の年式やグレード、走行距離といった膨大なデータ分析結果から適正買取価格を算出し、売却希望者へ提示します。しかし、クラシックカーはそもそも台数も限られており、そのデータには含まれていません。仮に無理やりそのデータベースを基に算出しても、年式が古いクラシックカー・旧車は、価格がつきません。製造から10年を過ぎた自動車の価格は、自動車査定の世界では限りなくゼロに近づいていくからです。また、中古車販売店に持ち込んだ場合でもクラシックカーに深い知識がないと価格の判断が出来ないため、買い取りを拒否されることが多いでしょう。売却できた場合でもオーナーの希望金額で成立する事はほぼありません。
    つまり、クラシックカーの売却する際に通常の中古車売却と同じことをするのは最もやってはいけない事なのです。
    それでは、クラシックカーや旧車を売却したい時はどのようにすれば良いのでしょうか?

    クラシックカー・旧車の売却方法 【即時売却 VS 委託販売】

    クラシックカーや旧車を売却する際の手法としては大きく2つあります。

    1つは「即時売却」です。

    買い取り先にオーナーが車を販売し、一括で売却金額を受け取る方法ですが、多くの場合、買い手側が優位になる事が多く、買い取り価格は低くなりがちです。

    2つ目は「委託販売」です。

    こちらは手数料を支払えば、自らが売却したい金額を設定できます。しかし、いつ売却できるかはわからないため、すぐにお金が必要な場合は難しい方法となります。

    これか2つの方法はメリット・デメリットが異なる為、状況に合わせてどちらの方法を選択するかはオーナーが判断してください。

    クラシックカー・旧車のおすすめ売却先

    クラシックカー・旧車は、愛車の価値をしっかりと理解して評価してくれる販売先に売却しなければなりませんが、実際にどこへ売却すればよいのでしょうか?

    1.クラシックカー・旧車専門店

    最もクラシックカー・旧車の価値を理解してくれるのは、やはりクラシックカー・旧車を専門に販売している専門店です。長年の経験から車種や走行距離いったデータだけでなく、車のコンディションやオリジナル性、現在の相場水準などを考慮して値付けを行ってくれます。ただし、売却となるとクラシックカー・旧車の専門店も経営がありますので、販売する際に利益を乗せます。そのため、販売価格水準よりは、かなり低い金額での売却金額の提示になる事が多いです。最近では、クラシックカー販売店も高額なクラシックカーや旧車を買取って、在庫車として販売するには多くの資金とリスクが伴うため、委託販売という形をとることが多くなってきています。これは、売却したいオーナーが一定の手数料を払ってクラシックカー・旧車専門店に販売を依頼する方法です。この場合は、オーナーはクラシックカー・旧車専門店と相談して、自ら価格設定ができますので、ご希望の金額に近い形で売却できることが多くなっています。また、クラシックカー・旧車の専門店側も在庫リスクがなく、店頭の販売車両も増えることからメリットを感じており、お互いがウィンウィンの関係になっています。
    その為、クラシックカー・旧車の専門店では、売却も委託販売も両方対応できると考えて良いでしょう。


    2.個人売買

    クラシックカーでのイベント参加をしていたりすると同じモデルに乗っている知人が出来たりします。そのネットワークの中でクラシックカーの売買情報が流通しています。多くの良い個体は、実はほぼこれら愛好家のネットワーク内での個人売買で動きます。高級車の愛好家ネットワークでは、たくさんのクラシックカーを所有するオーナーも少なからずいますので、すぐに売却先が決まったりします。また、購入側にしても、貴重なモデルのクラシックカーが自分たちの知らないオーナーに行ってしまうのは悲しい為、自らが購入したりするのです。その為、将来どのような形で愛車を売却するかわからないので、所有している時にはなるべく多くの相談できる友達やネットワークを作っていく事をおすすめします。

    3.自動車個人売買インターネットサービス

    クラシックカー・旧車の専門店に愛車の売却を持ち込むのは心理的にハードルが高いとか、クラシックカー仲間がいなくて愛好家ネットワークの中で販売が難しいといった場合はどうすれば良いのでしょうか?
    そのような方にピッタリなのが、最近インターネットサービスとして提供されている個人売買のシステムを利用する方法です。自ら価格を設定できる為、委託販売の形式となりますが、販売手数料も低く、納得のいく売却が出来るでしょう。

    中古車のガリバーが運営するおトクで安心な個人売買サービス【ガリバーフリマ】




    中古車買い取り大手のガリバーが展開している個人売買サービスです。
    クラシックカーの出品はまだまだ少ないですが、大手が運営するサービスという事で安心して出品出来ます。

    >>クルマのフリマアプリ「ガリバーフリマ」

    特にガリバーフリマは安心のサービス「あんしん90日保証と返品」が特徴です。

    株式会社Ancar:中古車の個人間売買マーケットプレイス【Ancar】



    Car TechカンパニーAncarが運営する新しい中古車の個人間売買プラットフォームです。
    クルマのプロが個人売買の徹底サポートを行ってくれる新しい形のサービスを提供しています。

    >>高額売却が可能!中古車の個人間売買マーケットプレイス【Ancar】

    【Ancar】をもっと知りたい方はこちらもチェック
    関連記事 知ってる人だけ得をする。あなたが中古車売買で100万円以上損をするカラクリとは!?

    株式会社MOTA:2度目に選ばれる一括車買取査定「MOTA車買取」




    個人が直接中古車販売店に売り込めるサービスです。中間業者を挟まずに取り引きが成立するため高値で売却出来ます。初めに売却する側が価格を提示できますので、ご希望の金額で売却が可能です。

    >>しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

    SEIYAA

    日本のクラシックカー・旧車の個人売買サイトです。
    幅広い車種や年式のモデルが出品されており、売買に関して加盟店となっている地域の自動車販売店のサポートも受けられるため、安心の取引きが出来るサイトとなっています。

    >>個人売買お手伝いサイト「SEIYAA」

    エンス―の杜

    こちらも日本最大級のクラシックカー・旧車の個人売買サイトです。
    成功報酬の広告掲載型なので、売却取引が完了するまで掲載料もかかりません。
    ただし、広告を作成する場合の取材料がかかりますので、こちらだけ最初に負担する必要があります。

    >>エンスーさんのための個人売買情報 「エンスーの杜」

    4.クラシックカー専門買取業者

    「クラシックカー・旧車を手間なく買取って欲しい!」、「早く現金化したい!」と言う場合は、やはり買取業者が一番でしょう。そのときは、クラシックカー・旧車の相場に詳しいクラシックカー・旧車専門の買取りサービスがおすすめです。

    旧車・クラシックカーを高く売るなら【旧車王】




    旧いクルマは「嗜好品」であり「文化遺産」。そんな車は「鑑定士」のいる旧車王がおすすめです。

    クラシックカーをはじめ、希少車を専門に20年以上取り扱ってきたカレント自動車が運営するクラシックカー・旧車専門店の買取サービスです。
    サイトには希少モデルでもそれぞれの買取相場が掲載されており、クラシックカーや旧車をお持ちの方は一度サイトを閲覧しておくことをおすすめします。

    >>旧車売るなら旧車王

    まとめ

    売却方法で買い取り価格が大きく変わってしまうクラシックカー。
    今回はクラシックカー・旧車の愛好家たちがどのように愛車を売却しているのかをご紹介しました。
    これらの方法でクラシックカー・旧車の愛好家の中には上手に売却しながら売却益まで出す人もいます。
    今回ご紹介した方法は、それぞれメリットデメリットもありますので、売却する目的に最適な方法を選択して頂きたいと思います。そして売却時に損をしない、賢く楽しいクラシックカーライフを実現しましょう。

    関連記事

    TOP