知ってる人だけ得をする。あなたが中古車売買で100万円以上損をするカラクリとは!?

Contents

中古車の売却は非常に難しい

長年大事にしてきた愛車を手放す時はとてもさみしいものです。ただ、そんな大切な愛車だからこそ売却する時は失敗したくないもの。しかし中古車の売却は非常に難しく、予想を大きく下回る価格で泣く泣く愛車を手放した経験がある方も多いのではないでしょうか?そこで今回は知られていない上手な愛車の売却方法をご説明します。

中古車の売却で失敗しない為に、まずは中古車業界の仕組みを知ることが大事

中古車売買は愛車を売却したい人と購入したい人がマッチングして成立しますが、実際に売却したい人が自ら買い手を探すのは非常に困難です。その為、世の中には中古車売買をサポートするあらゆるサービスや会社が存在しています。

(参考)中古車流通の一般的な経路
まずは愛車を売却したい人がガリバーなどの中古車買取店に車両を持ち込み、買取りしてもらいます。中古車買取店は買い取った車両を中古車オークションに出品します。その後、中古車販売店が中古車オークションで車両を落札し、店頭に販売車として並べます。そこにお客様が来店し、車両を購入する仕組みです。

一般的な中古車の流通経路では、買い手に届くまでに大きな中間マージンが発生する

中古車の流通経路では、愛車を売却したい人と購入したい人の間に、中古車買取店、中古車オークション運営業者、販売店などが介在することになります。そして、それぞれの仲介業者が販売手数料(中間マージン)を乗せていく為、買取店での買取価格と販売店での販売価格には大きな差が生じます。その理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

買取業者と販売店の両方の運営コストが加算される

買取店も販売店も一般のお客様向けに店舗を構えて営業をしています。その運営コストは人件費や賃借料、広告費など多くの費用がかかっています。当然、お店はこれらの費用を車両価格に乗せなければなりません。そして中古車売買においては、買取店のコスト、販売店のコストの両方から一つの流通車両に対して加算されていくことになります。特に販売店では、不人気車やスポーツカー、クラシックカー等の特殊なモデルなど、店頭に並べてもすぐに買い手がつかない車両の場合、在庫として店頭に置いておく時間が長い為、その分のコストをさらに加算しなければなりません。その結果、多くの車両において、買取価格と販売価格で100万円以上の中間マージンが生じてしまうのです。

買取店と販売店で評価(査定額)の高い車両の条件が違う

最近はガリバーのように買取から販売まで一社で全てを行う業者も存在していますが、ほとんどの買取店は販売店と異なる業者が運営しています。そして、買取店と販売店のそれぞれで車両に対して評価を行いますが、実は買取店と販売店では評価のしかたが違うのです。

買取店の評価のしかた

中古車オークションで高値で落札される事を狙う買取業者は、人気があり、すぐに落札される車両を高評価します。その為、なるべく新車に近いモデルを積極的に買取る傾向にあります。実際、買取店が中古車の買取価格を決める際には、過去の販売データから設定された、年式と走行距離で規定される相場表を元に買取価格を決めています。そして、この買取方法の場合、10年以上経過した車両や年式に対して過走行の車両は自動的にほとんど買取価格がつきません。これは販売店は買い取った車両が売れない場合、不良在庫を抱えることになり処分に困るからです。そのリスクを最大限回避したい為、買取店は絶対に売れるレベルでの価格しか提示しないのです。この為、愛車を売却する人は想定している買取価格では実際買い取ってもらえず、泣く泣く安い価格で手放すということになるのです。

販売店の評価のしかた

一方で、中古車オークションから落札して店頭販売する中古車販売店は、小規模な事業者も多く、競合環境も複雑です。その為、特定のモデルに特化した専門店として差別化している販売店も多く、それらの専門店では中古車買取店ではほとんど値段が付かないような珍しい車種や年式の古い車両等も主力商品として販売されています。逆に言えば、販売店はこのように安く仕入れる事が出来て高く販売出来るモデルを探して商売することがポイントなのです。

この考え方の違いから車両によっても大きく中間マージンは異なります。さらに買い手側からは購入しようとしている車両の中間マージンが高いのか低いのかは全くわかりません。また、”良質な”中古車は現在、買取店が直営している販売店を通して販売しており、中古車市場には一層中間マージンを大きく加算せざるを得ない”粗悪な”車両が溢れることになっています。ちなみに、この中古車業界の構造は学術的な研究テーマとして取り上げられた事もあり、理論経済学者ジョージ・アカロフによる研究が有名です。

参考:経済理論における中古車市場の研究(理論経済学者ジョージ・アカロフによる分析)

レモン市場とは、経済学において、財やサービスの品質が買い手にとって未知であるために、不良品ばかりが出回ってしまう市場のことである。レモンはアメリカの俗語で質の悪い中古車を意味する。中古車のように、実際に購入しなければ真の品質を知ることができない財が取引される市場は、悪質な財(レモン)ばかりが流通するためレモン市場と呼ばれている。(出典:Wikipedia)

中間マージンが大きくなる車種の特徴とは

粗悪な商品が溢れる中古車市場において、愛車を手放す側も購入する側も損せず取引を行うことは非常に難しいと言えます。それでは具体的に損をしやすい車両の特徴を見ていきましょう。

1.過走行距離の車

まず、年式に対して走行距離が多い過走行車は買取りの際に不利となります。買取店では年式と走行距離で評価する仕組みとなっている事から自動的に低評価となってしまい車両のコンディションが良くても安い値段しかつきません。本来、車のコンディションを評価する一つの指標である走行距離ですが、逆にこのせいで走行距離が少ない悪コンディションの車両よりも走行距離が多い良好なコンディションの車両の方が低く評価されてしまうという矛盾が発生しているのです。その為、中古車業者で働く方の中には過走行だけれどもコンディションの良い車両を選んでプライベートで購入する事も多いようです。ちなみに年式と走行距離の一般的な基準としては『経過年数✖️1万キロ』となっており、例えば3年落ちの車両では3万キロ以上だと過走行となります。

2.発売から10年以上経過した車両

一般的な車種では生産されて10年以上経過した車両はほとんど値段が付きません。ひどい場合には、買取りの場面において10年以上経過した車両は廃車にすると買取店から言われ、廃車費用を請求される事もあります。しかし10年以上経過した車両の中には、コアなファンがいる車種やグレードがあり、そこには愛好者たちが形成する特別な価格相場があります。しかし一般的な買取店では愛好者の価格相場まで把握していない為、このような車両を買取店に持ち込むと本来の評価よりも評価が低くなってしまうのです。一方で販売店では車種ごとの特殊な価格相場も熟知している為、それに見合った価格で販売します。すると買取価格と販売価格で非常に大きな中間マージンが発生することになるのです。この場合は、販売店が大きく儲かっていることになります。

3.不人気車種・不人気カラー

生産されてから年数もあまり経過しておらず、走行距離が少ない車種でも過去の販売データから売れ筋ではないモデルは比較的買取価格は低くなります。一方、販売側でも人気車種では中古車オークションの落札価格から20万円程度しか利益を乗せていないのに不人気車種では100万円以上利益を乗せて販売価格を設定しているケースもあります。また、同じ車種でも人気カラーと不人気カラーでは買取価格で20万円以上変わる事も多く、新車で購入する際はボディカラーの選定も注意が必要です。一般的に日本ではブラックやホワイトが人気のため、他のカラーより買取価格が高い傾向にあります。一方で、世の中には不人気車種や不人気カラーを好む方もいらっしゃいます。その方からすると一般的には不人気な車種・カラーもなかなか見つからない希少な車種・カラーとなりますので、直接マッチングすればお互い高評価で取引が出来るのです。

中古車売買で高く売却するには”個人売買”が最適

ここまでであなたが中古車売買で損をしてしまう中古車業界の構造がご理解頂けたと思います。ただ、この中古車売買の仕組みを回避して、損せず愛車を売買する方法がひとつあります。それは”個人売買”です。しかし、そんな個人売買にも良い点と悪い点があります。

個人売買の良い点

  • 中間マージンを大幅に削減できる
  • 中古車マーケットで不利となる車両でも適正評価で売買をすることが出来る
  • 車両コンディションの情報を前オーナーからしっかりと引き継ぐことが出来る

個人売買の悪い点

  • 売り手だった場合、買い手を探すことが難しい
  • 売買の際の法的な手続きなどを自ら対応しなければならない
  • 個人間の信用だけで高額な金額のやりとりをする事が不安
  • 購入後の整備などのアフターケアがない
  • 購入後のトラブルに関する補償がない

個人売買はメリットが大きく魅力的な売買手法ですが、自動車に詳しくない方や忙しい方にはハードルが高い手法という事も事実です。その為、今までは一部の愛好家だけが行うことのできる特殊な中古車売買の方法でもありました。しかし、最近ではそんなデメリットを解消し、個人売買のハードルを劇的に下げてくれる画期的なサービスが登場しています。

個人売買のデメリットを解消する画期的な中古車売買プラットフォーム『Ancar(アンカー)』


個人売買のデメリットを全てプロが解決してくれる画期的な中古車売買プラットフォームが2015年からスタートしました。この中古車売買プラットフォーム『Ancar(アンカー)』によって誰でも安心して中古車の個人売買が出来るようになっています。

【参考】Ancarとは?
私たちは、クルマに関わる人たちがより豊かなカーライフを送れる世の中を目指しているチームです。中古車売買において“安心安全な個人売買”にすることを目指しています。Ancarは中古車の個人売買サービスです。より高い値段で売却し、より安い値段でクルマを購入できるなど、個人売買は既存の売り方と比較すると、多くのメリットがあります。(出典:Ancarホームページ)
▶︎ カンタン無料査定【Ancarおまかせ出品】

Ancar(アンカー)でクルマを売る場合、費用は売買が成立した時に発生する約5%程度のシステム利用料だけです。その為、売り手は買取店に売るよりも高く愛車を売却ができ、買い手は販売店よりも安く購入できます。さらにAncar(アンカー)が画期的なサービスと言えるのが、個人売買のデメリットを徹底的に解決するサービスが充実している点です。

個人売買の手間を徹底的にサポート

通常の個人売買だと中間業者を挟まないのでクルマの売却準備をほぼすべて自分で行う必要がありますが、 Ancar(アンカー)では面倒な手続きなどを徹底的に車のプロがサポートしてくれるので、初めて愛車を売却する人でも安心して個人売買ができます。

全国各地の整備工場と提携し、購入車両の状態を事前に確認できる

買い手はクルマを購入する際、車両コンディションが気になりますが、Ancar(アンカー)では全国で提携している整備工場へ点検を依頼することができるので、個人出品の車両を購入する場合でも安心して購入できます。

愛車を出品した場合、個人売買で売れなくても買取店の買取価格は保証される

個人売買ではいつ売買が成立するかはわからない部分がありますが、Ancar(アンカー)では出品時点で買取店の査定額を受けとる事ができ、その後、個人売買で高く売れた場合にその差額を追加で受け取る事ができます。さらにその手間を全てAncar(アンカー)が行ってくれます。

おまかせ出品とは、
クルマを預けるだけで事前お渡し金額(買取店と同水準以上)に+高く売れた金額を追加で受け取れるサービスです。査定・事前お渡し金をアンカーが提示し、クルマを預け、その分を先に現金で受け取ります。そしてアンカーが撮影・掲載・点検・問合せ対応を行い、個人売買で高く売れた分を出品者に還元する仕組みです。(出典:Ancarホームページ)▶︎ 他店の見積もり金額、保証します!【Ancarおまかせ出品】

購入後のトラブルもアンカー補償で安心

個人売買の場合、売買が成立すると売り手と買い手の関係も終わりますが、買い手からするとその後の車両トラブルに関して不安が残ります。通常、中古車販売店からの購入であれば、故障や事故などのトラブルの際に販売店へ連絡すれば対応をしてもらえますが、個人売買ではそうはいきません。そこでAncar(アンカー)では独自に『Ancar補償サービス』を提供しており、補償サービスに加入すると事故や故障の際のレッカー手配や整備工場での修理の手配も行ってくれます。さらに修理代もAncar補償でまかなえるので個人売買でも安心して購入したクルマに乗り続けることが可能です。

まとめ

Ancar(アンカー)は、安心や安全面の問題でなかなか定着しなかった個人売買を根本から変える画期的なサービスです。メルカリなどの個人間取引が一般的に普及した現在では今後、中古車売買の主流になっていくでしょう。あなたも損をしない上手な中古車売買を実現できる『Ancar(アンカー)』を一度利用してはいかがでしょうか?

▶︎ Ancarでの個人売買でも利用できる! 個人売買に特化したオートローン【ユーカーネクスト】

関連記事

  1. クラシックカーの価格はどのように決まるのか

  2. クラシックカー・旧車の定義

  3. 【特集】クラシックカーに欠かせないお洒落な人気おすすめドライビンググローブ!!

  4. 憧れのクラシックカーライフのはじめ方(買い方と管理方法)

  5. レンタルガレージで憧れのクラシックカーライフをはじめよう!ガレージがなくてもカーライフを始められる方法

  6. 【注目】クラシックオープンカーをカッコよく乗りこなす!おすすめサングラス特集

  1. 知られざるブックメーカーの世界。モータースポーツの最高峰”F1”で…

    2020.10.14

  2. 旧車・クラシックカー価格相場|フェラーリ 348(Ferrari 348)

    2020.10.12

  3. 【レンタルガレージ】Heritage Car Support LORE DI(ヘリテージカ…

    2020.10.12

  4. 旧車・クラシックカー価格相場|マーコス ミニマーコス(Marcos Mi…

    2020.09.23

  5. 旧車・クラシックカー価格相場|ロータス セブン(Lotus Seven)

    2020.09.22

  6. 旧車・クラシックカー価格相場|フェラーリ 328(Ferrari 328)

    2020.07.13

  7. 旧車・クラシックカー価格相場|メッサーシュミット KR200(Messers…

    2020.07.10

  8. 旧車・クラシックカー価格相場|フェラーリ 308(Ferrari 308)

    2020.07.08

  9. 中古車個人売買でも使えるオートローンがあった!Web申請も可能なオ…

    2020.07.03

  10. 旧車・クラシックカー価格相場|オースティン ミニモーク(Austin M…

    2020.06.30

  1. クラシックカー投資のススメ

    2017.12.03

  2. 旧車・クラシックカー価格相場|MG TC(エムジー ティーシー)

    2017.08.03

  3. 旧車・クラシックカー価格相場|ジャガーXK120(Jaguar XK120)

    2017.07.27

  4. 旧車・クラシックカー価格相場|メルセデスベンツ280SE3.5(Mercede…

    2017.07.11

  5. 知られざるクラシックカーオークションの世界

    2017.07.08

  6. クラシックカーの価格はどのように決まるのか

    2017.04.14

  7. クラシックカー・旧車の定義

    2017.04.02

  8. 旧車・クラシックカー価格相場|メルセデスベンツ190SL(Mercedes-B…

    2017.01.26

  1. 特集!! クラシックメルセデスベンツの世界

    2017.10.30

  2. 高級車と高級時計の夢の合作!コラボレーションウォッチの世界

    2017.07.15

  3. 旧車・クラシックカー価格相場|ポルシェ356A(Porsche 356A)

    2017.01.29

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。