知られざるブックメーカーの世界。モータースポーツの最高峰”F1”で新しむスポーツベットとは

    モータースポーツの最高峰「F1」では、連日熱いレースが繰り広げられています。
    またクラシックカー好きの方の中にも、そんなF1のファンは大勢いることでしょう。
    実はそんなF1のレースにベットできることはご存じでしょうか?
    たとえば、日本でF1をテレビ観戦している時にも、ブックメーカーを利用すればオンライン上でそのレースにお金を賭けることが可能なのです。
    この記事では、そんなF1のレースにベットする方法を徹底解説していきます。

    F1とは?

    F1は、1950年よりドライバータイトルの世界選手権として歴史がスタートし、現在のFIAフォーミュラ1(F1)へと変遷してきました。
    「フォーミュラ(formula)」とは、全参加者および参加車両が準拠しなければならない一連の「規定」という意味であり、F1に出場する全車両はこの規定を遵守しながらヨーロッパやアジア、南アメリカ大陸、北アメリカ大陸を中心に世界各国を転戦し、各レース毎の順位によって与えられる点数、「チャンピオンシップ・ポイント」の獲得を目指し、最終的にその年のチャンピオンを決定していきます。
    また、現在は残念ながら日本人F1ドライバーが不在という状況が続いていますが、日本でも1980年頃には空前のF1ブームが発生したことがありました。
    その時期には日本GPも開催され、1990年には日本人ドライバー「鈴木亜久里」が日本GPで3位入賞し、日本人で初めてF1の表彰台に立つことに成功しています。

    F1のレースにベットする方法

    日本には、競馬や競輪、競艇、パチンコなどの公営ギャンブルがありますが、それにF1は含まれていません。
    よって、もしF1のレースにベットしたい場合は、「ブックメーカー」を利用する必要があります。
    ブックメーカーとは、世界中の様々なスポーツやイベントのベットを受け付けているオンラインサイトです。
    まずは、ブックメーカーが世界中のスポーツの試合やイベントなどにオッズを付け、それをオンライン上に公開、そのオッズにプレイヤーがベットを行い、結果に応じて払い戻しが行われることとなります。
    このブックメーカーを利用すれば、F1は勿論のこと、日本のプロ野球やJリーグ、相撲などにもオンライン上から賭けを行うことができます。
    また、当然ながら、ライセンスを取得しているブックメーカーは法に則り合法的にサイトの運営を行っているため、プレイヤーは安心してスポーツベットを行うことが可能です。

    ブックメーカーの選定に迷ったらBETTING TOP10の活用がおすすめ!


    日本は、基本的にギャンブルはご法度としている国です。よって、多くの方は「ブックメーカー」と聞いてもピンとこないかもしれません。
    そもそも、ブックメーカーとは日本以外では当たり前のように認識されているものであり、たとえば、イギリスだけでもその市場規模は「5,000億円以上」にものぼるといわれています。
    それだけ規模も数も巨大ですから、ブックメーカーに不慣れな日本人の方からすれば、やはり最初は「どのブックメーカーを使っていいかわからない…」となるはずです。

    そのような方におすすめとなるのが、『BETTING TOP10(ベッティングトップ10)』です!
    ベッティングトップ10とは、優良ブックメーカーの厳選やスポーツニュースの提供、オッズレビューなどを行ってくれるサイトであり、ブックメーカーの登録方法やプロモーション、対応端末、入出金方法、日本語対応・非対応まで情報を完全網羅してくれます。
    加えて、直近のF1のオッズやレースレビュー、ニュースなども無料で拝見できるため、ベットのヒントにもなるはずです。
    どのブックメーカーを使うかで悩んだら、日本人にも向いているブックメーカーを推奨してくれるBETTING TOP10を活用してみましょう。

    まとめ

    ブックメーカーを使ってF1の好きなドライバーやチームなどにベットを行えば、普段の何倍も熱いレース観戦ができるようになります。
    また、ブックメーカーのことを知らなくても、BETTING TOP10を使えば優良ブックメーカーをすぐに見つけられるので安心です。
    もしF1にベットしたい場合は、まずはjapan.bettingtop10.comへアクセスし、お好みのブックメーカーを選定してみましょう。

    関連記事

    TOP