クラシックカーのタイヤって今でも売ってるの?旧車タイヤの販売事情とおすすめ商品をご紹介

    クラシックカーでも安全に運転するにはタイヤは新しいものを使用しないと危ないですよね。ただ、何十年も前に製造されたクラシックカーに装着できるタイヤって新品で手に入るの?と思われる方も多いと思います。現代の車用に出ているタイヤの中からサイズを合わせてクラシックカーに装着できる場合もありますが、今どきのデザインのタイヤを履かせてもクラシックカーのスタイルを台無しにしてしまいます。そこでこの記事では、今も新品で購入できて、クラシックカーや旧車に合う専用タイヤをご紹介していきます。

    昨今のクラシックカー用のタイヤ事情

    現代の車はホイールの大径化とトレッド面のワイド化が進み、それに合わせてタイヤのゴム部分も薄い扁平タイヤが主流になっています。軽自動車でさえも15インチの50扁平タイヤが珍しくなくなりました。その為、一時期はクラシックカーで使用が出来るような昔ながらのサイズのタイヤサイズが年を追うごとにラインナップから消えていく状況で、クラシックカーオーナーはタイヤ探しに非常に苦労していました。しかし近年、ヨコハマタイヤがクラシックカーオーナーの声に応える形でクラシックカー用タイヤを復活させています。一方、海外では普通にクラシックカーのタイヤが売られていて、日本で馴染みの深い海外の有名タイヤメーカーではなくてもクラシックカー専門タイヤを作っている会社があったりと、日本市場に流通していないだけで、海外のサイトで探せば見つかるかもしれません。海外のクラシックカー用のタイヤ専門商社が日本国内で正規代理店として提携していたりするので、そこから購入すれば安心して注文できます。

    旧車やクラシックカーに適したのタイヤとは?


    クラシックカーへ極端にグリップ力のある現代のタイヤを履かせてしまうと、クラシックカーの車体がそのグリップ力に耐えられず故障してしまう事もあるので注意は必要ですが、そのような極端なタイヤを選ばなければ、基本的にサイズが合うタイヤを選べば問題ありません。その為、自分のクラシックカーに似合うデザインのタイヤを選ぶと良いでしょう。現代の車用のタイヤとのデザインの違いは、溝のパターンだったり、タイヤの側面のふくらみだったりしますので、そのクラシックカーが当時オリジナルで履いていたデザインに近いタイヤを選ぶと良いでしょう。

    旧車やクラシックカー用のおすすめタイヤ6選

    クラシックカーに似合うタイヤは、現行のタイヤと比較すると流通が少ないですが、その中で入手しやすい人気商品を中心にご紹介していきます。

    おすすめ① ADVAN HF Type D


    購入はこちら>>

    メーカー公式サイト

    2017年に横浜ゴムの創立100周年記念の一環として復活した『ADVAN HF Type D』です。1981年に登場したタイヤで、当時のチューニングカーオーナーたちを中心にヒットしました。タイヤの各細部にこだわっているタイヤで、サイドデザインはオリジナルのデザインを忠実に再現していて、ショルダー形状は当時の紙の図面から忠実に再現しています。独特なパターンデザインにこだわっていて、旧車やクラシックカーのフォルムが崩れないように当時のタイヤの形状を忠実に再現しているタイヤです。

    おすすめ② G.T.SPECIAL CLASSIC Y350


    購入はこちら>>

    メーカー公式サイト

    1967年にヨコハマタイヤ初の乗用車向けラジアルタイヤ用のブランドとして登場したタイヤで、60年~70年代の横浜ゴムを象徴する歴史的なブランドです。60年~70年代の国産車にマッチするタイヤで、当時の純正スタイルにこだわっていて、60年~70年代当時のトレッドパターンやロゴが精密に再現されているタイヤになります。

    おすすめ③ YOKOHAMA A-008P

    メーカー公式サイト

    ヨコハマタイヤが1989年に始めてポルシェ車の技術認証を所得して、ポルシェ車の964型911カレラに新車装着された歴史的な代表商品です。トレッドパターンが特徴的で、独特な左右非対称パターンになっていて、直線時の排水性を求めた4本ワイドストレートグループやトレッドパターンだけでなくショルダーも非対称になっていて、当時のポルシェの純正ホイールとの相性が抜群な一品になります。

    おすすめ④ MICHELIN SUPER CONFORT

    メーカー公式サイト

    ミシュランタイヤの復刻タイヤである『SUPPERCONFORT』は1930年代のクラシックカーにマッチするタイヤです。より低い空気圧で摩耗しにくいたタイヤを目指して作られたタイヤで、1932年に発表して、1935年には『SUPERCONFORT S』を発表しました。サイプを深く刻んだトレッドパターンを採用していて、濡れた路面に対応できる初めてのタイヤになっていて、当時の雰囲気を味わえるタイヤです。

    おすすめ⑤ MICHELIN XWX

    メーカー公式サイト

    1970年代の数々のスーパーカーに装着されているタイヤで、当時のフェラーリやランボルギーニ、ジャガー、アストンマーチンなどに採用されていました。『XWX』は1970年代のスーパーカーに対応できる唯一のラジアルタイヤで、設計上300km/hにも対応可能で、優れた性能を持っていて、1960年代~70年代のスーパーカーにマッチするタイヤです。

    おすすめ⑥ PIRELLI Collezione

    メーカー公式サイト

    ピレリが『クラシックカー&ヴィンテージカーのためのピレリタイヤ』と宣伝しているタイヤで、27年から80年代までのタイヤについて様々なパターンを揃えていて、様々なクラシックカーに対応できるタイヤです。また、レトロな見た目をしていても最新のテクノロジーを採用していて、高いグリップ力と排水性能が向上していて、クラシックカーの見た目を損なうことなく、高い安全性を提供するタイヤになります。

    インターネットでタイヤを購入するならオートウェイがおすすめ!



    タイヤを安く買いたいならば、インターネットでの購入がおすすめです。豊富な在庫からあなたの愛車にぴったりのタイヤを見つける事が出来るでしょう。その中でも特に在庫が豊富な【オートウェイ】がおすすめです。

    関連記事

    TOP