クラシックカーのエンジンオイルは何がいい?オイルの選び方とおすすめ専用オイルをご紹介

    愛車のエンジンオイルを交換しようと思っていても、なかなか重い腰が上がらず後回しとなっていませんか?エンジンオイルはちゃんと交換しないと、エンジンを劣化させる原因にも。この記事では、エンジンオイルを交換するための知識やエンジンオイルの種類などをご説明します。

    まずはクラシックカーのエンジンオイルを交換しよう!

    めんどくさがってエンジンオイルを交換しない人もいますが、エンジンオイルは必ず交換する必要があります。ここからは交換することのメリットや入れてはいけないエンジンオイルの種類などを解説していきます。

    【前提】エンジンオイルは交換しなくてはいけない!

    まずエンジンオイルは定期的に交換しなくてはいけません。量的に十分でも長期間交換しないとオイルが汚れ、本来の効果を発揮できなくなります。またオイルの量が少なければ、エンジンが焼き付き、不具合が発生することもあるでしょう。エンジンの劣化に多い症状として、ピストンリングの摩耗によるクリアランス(隙間)の拡大があります。クリアランスが必要以上に大きくなると、パワーが出なくなってしまいエンジン機能が十分に発揮されません。

    エンジンオイルを交換することのメリット

    エンジンオイルを交換すると、エンジン性能が維持されエンジンを長持ちさせることができます。エンジンオイルは、内部の冷却や洗浄、サビ防止の役割も果たしているのです。また、金属部品の摩耗を軽減する潤滑作用や、ピストンとシリンダーのすき間を密封してパワーを保つ役割もあります。エンジンオイルを交換すると燃費が向上し、エンジンを長持ちさせることもできるでしょう。

    【注意】使用してはいけないエンジンオイル

    クラシックカーのエンジンオイルを交換する際には、「全合成油」と「部分合成油」を使用してはいけません。現代の車には「鉱物油(後ほど詳しく解説)」「全合成油」「部分合成油」が使用されていますが、合成油を使用すると車が故障する可能性があるからです。

    合成油を使用すると、多くのクラシックカーで使われているオイルシールの”ブチルゴム”という材質が合成油に浸食され、オイル漏れを起こします。現在は、あらゆるゴムの素材に対応するオイルを調合しているため問題はないそうですが、鉱物油の方が旧車のオイルシートに適しているので、鉱物油を使用するほうが無難です。

    クラシックカーに使う鉱物油エンジンオイルを選ぶ

    先ほど少し紹介した「鉱物油」には種類があります。種類によって車への影響が大きく変わってきますので、ここからは鉱物油の種類について解説していきます。
    まず鉱物油のエンジンオイルを選ぶポイントは「オイル粘度」と「規格」の2点です。

    エンジンオイルの粘度の違いによる車への影響


    まずエンジンオイルには「低粘度オイル」と「高粘度オイル」があります。
    それぞれの特徴としては、

    低粘度エンジンオイルの特徴

    パーツに与える負担が少ないので、燃費や始動性の面でいい状態を保ちやすくなります。ただ、高速道路や坂道などでアクセルを踏んでエンジンが熱くなると、潤滑作用が弱まりパーツが壊れたりエンジンの焼き付きが起こりやすくなるのが特徴です。

    高粘度エンジンオイルの特徴

    低温の環境での走行はパーツにかかる負担が大きくなり、燃費や始動性の面で車に悪い影響を与えることもあります。ですが、粘度が高い分高速道路などでも潤滑作用や密封作用が高く、エンジンに負荷がかかりやすいターボ車やスポーツカーには適しているエンジンオイルです。

    エンジンオイルは車種や走行状況、お住まいの地域の気温によって適正粘度が変わりますので、ご自身の状況にあった商品をお買い求めください。

    エンジンオイル粘度の調べ方【SAE粘度表示】


    エンジンオイルの粘度を調べる場合は、オイル容器に記載されている【SAE粘度表示】を見てください。SAE粘度表示は、アメリカ自動車技術者協会(SAE)が制定したもので「5W-30」のような表記をします。


    表記の見方は、以下の通りです。

    【前半部】「5W」などの表記の意味

    外の気温によって使用できるか判断するもので、数字が低いほどやわらかいオイルです。ちなみに「W」は「winter」の略で、数値ごとの気温は以下の通り。

    表記記号0W、 5W、 10W、 15W、 20W
    対応温度-30℃、 -25℃、 -20℃、 -15℃、 -10℃


    【後半部】ハイフン以降の数字の意味

    高温のときの粘度を表しています。そして数字が大きいほど粘度が高くなります。同じ対応温度のオイルならば、「5W-20」が一番やわらかく、「5W-60」が一番粘度が高いエンジンオイルです。

    エンジンオイルの品質を表す規格の調べ方


    正規で販売しているエンジンオイルは、品質に応じて「規格」というランク分けがされています。
    その規格は以下のようなものです。

    API規格

    省燃費性・耐熱性・耐摩耗性などエンジンオイルに必要な性能を設定したものです。SAからSPまでの13段階の規格があり、右側のアルファベットが進むほど最新のグレードとなります。

    ILSAC規格

    エンジンの小型高出力化と環境負荷低減の両立のため、日米の自動車工業会(ILSAC)が制定したものです。「GF-数字」で表記し、「GF-4」はAPI規格の「SM」、「GF-5」はAPI規格の「SN」に相当します。ちなみに、2020年5月よりAPIとILSACはエンジンオイルの性能や品質を示す規格を10年ぶりに改定し、新規格である「API SP」および「ILSAC GF-6」が施行されています。

    クラシックカーにおすすめの専用オイル

    最後にクラシックカーにおすすめの専用エンジンオイルをご紹介します。クラシックカーに適したエンジンオイルは、あまり多くの種類が販売されていないのが実情ですが、その中でも今回は王道と隠れた人気商品をご紹介します。

    おすすめ① モチュール クラッシックオイル

    まず、王道で間違いのないオイルを選びたい方に向けてご紹介するのは、モチュールから発売されているクラシックオイルです。

    購入はこちら>>

    唯一、国際クラシックカー連盟(FIVA)に公認を受けているエンジンオイルで1950年以前のクラシックカー用、1950年代~1960年代のクラシックカー用、1970年以降ネオクラシックカー用に分けて3つ種類のオイルを販売しています。低温時の分厚い油膜は、エンジンクリアランスの広いエンジンでも低温時の密封性能を高め、クラシックカーの弱点であるガスケットからのオイルの滲みも完全に防止しつつ、エンジン内をきれいに保ちます。これぞ正真正銘のクラシックカー専用オイルです。

    おすすめ② シェブロン シュプリーム モーターオイル

    一般的にはあまり知られていないのですが、クラシックカー愛好家の中で有名となっておりユーザーも多いのが、シェブロン シュプリーム モーターオイルです。

    購入はこちら>>

    日本ではコストコでしか店頭販売されていないため、口コミやインターネットの情報で広がりました。粘度が高い鉱物油エンジンオイルが、日本でほとんど販売されていない中、価格も安く、クラシックカー愛好家の中で非常に重宝されています。

    関連記事

    TOP